2018年05月22日

時期尚早だったかも

MOCOを買って、もう2年が過ぎるなんて…月日はアッという間に過ぎてしまうのですね…

そんなわけで今月はMOCOの車検のはずでした。

車検に出す為に、MOCOを買ったディラーに行ったのですけど…

行ったことは行ったのですけど…

出さずに帰宅しました。

買い変える事にしたからです。

決断早いのです。

後悔するかどうかは買ってみないとわからないじゃないですか。


MOCOは後悔しました。

家出には適してなかったからです。

買ってみたからわかったのです。


今度のゼットは家出には適しています。

でもドアミラーすら手動の家出にしか適してない装備です。

買ってみて試します(爆)


契約も終わり

とりあえず最低限の装備でカーステレオやETCを後付け発注して、現在は待ちの状態です。

有給も沢〜山余ってる。この車で日本中遊んで歩けるわぁ〜とワクワク

の、はずだったところに

思わぬアクシデント。

もしかして…すでに後悔?

時期尚早。。。だったかも。。。


入院している母です

時々このBLOG内で愚痴こぼさせてもらったりしていましたが…

いくらなんでもBLOGには書けないレベルでイライラさせられる事象とかも実はあったのですね。


我慢すべき時に我慢しない

面倒な事を先送りにする

目標を立てられない

己の感情のままに行動する

ありえないほど不注意が多い

選ぶ言葉が変なので誤解を招く

嫌な事は面倒くさい!で済ませようとする


抽象的にぼかして言うと、そんな感じです。

見ていて

いつか火事を起こすのではないか?とか

いつか事故とかで、被害者という名の加害者になるのではないか?とか

いつか犯罪者の立場になってしまうのではないか?とか

そんな心配というか、

見ていて思考と行動に「何故?ありえないでしょ!」とイライラしたりしてたのです。


昨日、「お伝えしたいことがあります」と病院から呼ばれまして説明されました。

『前頭葉型認知症』だと。

私がイライラさせられていた母の言動は、性格や性質じゃなかったわけです。


アルツハイマーの検査もしたけど、全く問題なかったと。

しかし前頭葉型の検査は100点中3点だったと言うのですね。

母を責め立ててる様に聞こえたり、母を悪く言ってる様に聞こえたりするのが嫌で言えなかった生活の中で具体的に気になった言動を、

「実は〜」と医師に話したところ

全て前頭葉型認知症ならありえるというのです。

認知症だったのですね。。。


前頭葉の破壊は進んでも、今より良くなっていくことはないと断言されてしまいました。

母を一人留守番させて遊んで歩くことはできないと思います。

ショートスティに預かってもらって一泊・二泊くらいならキャンプ等も行けるでしょうけど。

有給休暇フル活用するつもりの家出車購入はタイミング的に時期尚早だったかもしれないと。

はぁ〜


母が使っている痛み止めが麻薬系なので、非常に狭き門である“療養型病院施設”での生活も可能ではあります。

でもそこは、見学したらショックを受けるだろう環境だろうというのですね。

多数の入院患者さんが植物みたいに生きている環境だと。

そりゃ私が罪悪感で押しつぶされてしまいますわっ(汗)


それでも

母も!

私も!

自分自身を生きて行く!

だろうから

考えてもしょーもないなっ


苦〜い記事で、読んで下さった方には申し訳ないと思いますけど

自分の為の記憶&記録的なBLOGですので、お許し下さいませm(_ _ )m




posted by shin at 22:57| Comment(8) | ☆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

イチャンコッペ山

快晴の支笏湖線。 過去に二輪で、どんだけ走ったろ〜の道ですけど、

今日はポロピのちょっと手前、最後のUターンコーナー入り口の支笏湖展望台が集合地。


ギリギリ停められた感じの混雑ぶりで、おそらく全ての車が、

斜め向かいの登山口からイチャンコッペ山へ入って行く登山者の車かと。

いやいや、シーズン一発目にしては、ちょっとキツイ山でした。

事前調べでは標高828.9Mの初級レベルで典型的なハイキング登山だと。。。

確かに!道に迷う事は無いだろうと思われる一本道ではありますけど。。。

初っ端から急坂が続きます。

地面や木の幹に手を踏ん張って“どっこいしょ”と登るので初期の段階で膝がプルプルになりました。

山鳩とホトトギスの鳴き声に励まされます。

KIMG1975.JPG  KIMG1976.JPG

急坂を30分ほど頑張って登ったら少し開けてなだらかな場所に出ました。
振り返って見た支笏湖が見慣れた支笏湖とは違って見えました。

前方の小山(右の写真)を指さし、「あの山を越えて行くんだよ」と教わりました。

「あの山かぁ〜まだまだ随分先だなぁ〜頑張れるんだろうか?」と不安に思うほど足にきてましたけど…進みます。


山って、不思議です

KIMG1977.JPGただ登る事しか考えてません、黙々と必死に登るだけ。

それがいいんだなぁ〜と思います。

しばらくして辛くなってくると、“もぉ〜いい!山は今日で最後にしよう”と思います。


shinの後ろで援護して下さっているリーダー以外は、仲間の皆さんガンガン先行っちゃってます。

shinは初心者ですけど、きっとそれほど遅くはないと思うのです。

その先行く仲間をあまり待たせない様に頑張って登る結果、3グループほど抜かして登りましたから。

shinがご一緒しているグループの方達との体力&筋力の差があり過ぎなのだと。

先に到着した仲間さん達が山のてっぺんから架空ロープで引っ張り動作で迎えてくれました。

最後の力を振り絞るつもりで登り、到着と同時に地べたに倒れ込み転がりましたとも

開けたそこから見える支笏湖は

KIMG1981.JPG  KIMG1978恵庭岳.JPG

恵庭岳

KIMG1979.JPG  KIMG1983風不死岳.JPG

風不死岳

KIMG1980紋別岳.JPG  KIMG1982紋別岳.JPG

紋別岳(てっぺんに電波塔の見える山です)

オコタンペコは見えなかったけど、冬にスノーシューで行くと面白いというオコタンペコ横の山々も見えてました。

やっぱり、登らなきゃ見えない景色ってあるんですよねぇ〜

キツかったけど…頑張って良かったわぁ〜とオニギリ食べながら満足・満足…してたら

何? ここは頂上じゃない!?

そうなんですね。。。

途中「あの山を越えて行くんだよ」と確かに『越えて』と言われましたわっ

イチャンコッペ山は、この小山を下って、又もう一つ登って行くのですねっ。。。

ああ、勘違い

心が折れて「皆さんどうぞ行って下さい。私ここで待ってます」と言ってしまいましたわ。

だけど…せっかく、ここまで頑張ったのにねっ、やっぱりねっ、この先は楽だと言うし。。。

登山って、こうして、マゾが創られていくのね

KIMG1984.JPG  KIMG1994.JPG

もう一つ先の、あの山への一本道をガシガシ進みました。

KIMG1985.JPG

今度こそ本当にイチャンコッペ山頂到着です。休憩も入れて2時間強、頑張りました。

下りは少し余裕の気持ちで足元の草花を見たりして一時間かけて下りました。

KIMG1989.JPGKIMG1995.JPGKIMG1998.JPG

 下山の記入をしようと、入山箱のノートをチェックしましたら、

下りもガシガシ行ったお仲間の皆さん、25分ほどで下りた様です。

楽しそうに皆さん登山してますけど、私からしますと、もうそれはアスリートですわ(汗)

ご一緒させてもらって良いのか? 邪魔くさいだろうなぁ〜と、ちょっと考えちゃいますけど…

それより私自身の筋力・体力を向上させる様にしたほうがいいわねと都合よく思うことにしています。


KIMG1999.JPG

訳あって車載荷物は全て降ろしてましたので、

入浴セットも 、着替えさへ車載してなかったのですけど…

温泉行きました。

定山渓まで足を延ばしました。


お天気にも恵まれて

気持ちよく

山歩きもシーズンインです

posted by shin at 23:43| Comment(6) | 2018お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

食パン

以前、食パン好きの同僚に『おかめ屋』の食パンを「美味しいから食べてみて〜」とプレゼントしたら、
その同僚が「これも美味しいから食べてみて〜」とプレゼントされました。
本社は大阪ですが、いつの間にか北海道にも円山に店が出来ていて買える様になっていた様です。
『乃が美 はなれ』食パン専門店で頑固にも種類もサイズもこれのみだそうです。


同封されていたパンフレットには、“まずはそのままちぎってお召し上がり下さい”と書いてありました。
下さった同僚は「でもね…トーストにしたら滅茶苦茶美味しいのよ、絶対トーストお薦め」と言ってました。
私もトーストの美味しさの方が驚きで好みでした。
『おかめ屋』さんの美味しいフワフワの食パンとは又違う種類の美味しさです。
メジャーなところですと…帯広の『ますや』さんの食パンに一番近い系統かなぁ?です。
そうですね、トーストをちぎった時のパン屑が出ないところとか近い♪近い♪

帯広に住んでいた4年間(30年前ですがっ・汗)コンビニはまだ一軒も無かった時でしたが、
美味しいパン屋さんや、美味しいケーキ屋さんは沢山ある町でした。
食パンはいつもマスヤさんでしたが、決して贅沢品ではなくて手軽な価格でした。
今回頂いた乃が美の食パンは、私にとっては少々贅沢価格で、
自分用には買わないだろうなぁ〜と
でも、ちょっとした手土産に良いかもで、いい店教えて頂きました。



posted by shin at 21:33| Comment(4) | ☆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

HIBIYA KADAN

明日は母の日
KIMG1963.JPG
送り人名は息子だけれど、
HIBIYA KADAN ブランドです
息子じゃない! 嫁ですね(笑)

心配だった昨年の薔薇も、庭で越冬して元気に息吹いてます

さてさて、
嫁を見習って
仕方ない…
明日は
shinの実母にカーネーションでもお届けしますか
HIBIYA KADANブランドならぬ DCMブランドで

目覚めたのは今日の正午ちょうど
開けたカーテンから快晴を眺め。。。
やっぱり昨夜のうちに、キャンプに行くんだった!の後悔。
とりあえず、いつでもすぐに出られる様に、明日は自家用車へ家出道具をセットしよう。




posted by shin at 19:52| Comment(4) | ☆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

ばらまく母と搾取する娘

癌細胞は栄養を取っちゃうそうですよ。
なので、一番栄養を使い必要としている脳の栄養が足りなくなってしまうみたいです。

そんなわけで
死ぬまでボケないんじゃないかなぁ〜と思っていた母ですけど、
最近は怪しく、脳の栄養足りてないみたいです。

だけど、抜け方がイイ感じなのです。

年寄りの年金って偶数月の15日に振り込まれます。
母は年金が入った月に私に、かなりの金額を決まって渡してくれます。
ありがた〜く頂いています。
4月は15日が日曜だったので、それより数日前に頂きました。
入院が決まった月末、多分タクシーで銀行行ったのだと思います。
母 「今月渡してなかったよね」って、又差し出されました。
私 「くれたわよ!忘れた?」
母 「あっ!?そうだった?でもいいわ、受け取って」
私 「あら、そう? じゃ、もらっとくわ」
 こういう時だけは、素直な娘になれる不思議(爆)

 そして今日も病室で
母 「今朝あなたが言ってた30万、1FロビーのCDでおろしたから」と又封筒。
私 「はっ!? 何? 30万て? だいいち私、朝なんて来てないじゃん!?」
 さすがに今回は辞退しときます(爆)
母 「あれっ? あっ…じゃ夢で言われたんだぁ…なんだか最近いろんな人がいっぱい夢に出てくるんだよね」

癌細胞が栄養を吸収するだけでなく、強い痛み止めの副作用でせん妄も起こっているのだと思います。
こんな状態の母がキャッシュカード握ってて大丈夫かしら?とも思いますけど(^_^;)
バラまこうが、騙されようが、好きにして満足で幸せならいいんじゃないかなぁ〜と思ってます。

年寄りの痴呆の仕方には2方向あって、
精神的に回りを苦しめるボケと、回りがニコッってなるボケ。

超〜自己中心的で威圧的だった父がボケた時、それはそれは3歳児の様な可愛い人になりました。

父に輪をかけた怖〜い父方の祖父がボケた時も、それはそれは優しく温かい心遣いと言葉を発する人になりました。

母の場合は痴呆というより癌の特徴と薬の副作用で頭を使う事が難しくなっているのですけど、
やっぱり穏やかな人柄に傾いてってます。

将来的に自分の頭の回転が年齢的に鈍って来た時、
アルツハイマーや痴ほう症になった時、
頼むからこれ以上、私をキツい人格にしないでくださいと祈ります。
猜疑心いっぱいの人格等にしないでくださいと祈ります。

友人・知人の親とか見ていて
呆ける以前が立派な人格者だったり、穏やかな人柄だったりの方達の方により多くの困ったちゃん変貌が見受けられ、
shinの親族の様に、呆ける以前の人格が悪魔並みに超問題ありでしょぉ〜の太鼓判の方の中に、
神様か天使か?と思える様な変化する方が多く見受けられたりするので…
shinも、良い変貌を遂げられる可能性高いぞ〜と望みをもってます 

差し出された30万。。。もらっとけば良かったかなぁ〜 






posted by shin at 22:51| Comment(4) | ★最強母ちゃん我が道を行く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする