2017年07月10日

crazy\(◎o◎)/

招待状が届き。。。社内便ですけど(^_^;)。。。行ってまいりました。
20170710_111218301.jpgほんの60分の式典参加と
ほんの120分の立食パーティ
皇居近くにある、都内ではかなりハイランクなホテルでしたけど…
あぁ〜あっ、泊まってみたいホテルだったのになぁ〜
日帰りでした。

今から15年ほど前かな…粉飾決算を繰り返していたのは…
2003年、とうとうバレた時には債務超過は3550憶を超えていた記憶。
あれよあれよという間に東証上場が廃止され
社長や副社長だけじゃなく複数の公認会計士も逮捕され
稼ぎ頭だった化粧品事業部だけがライバル会社に売却され
120年続いたネームバリューある社名が使えなくなり
産業再生機構の支援を受けることになり
リストラの嵐・裁判・裁判・裁判。。。
そして、堅実で余裕のある某企業が残りの事業部を一括引き受けてくれた恩。。。
なんやかんや言っても、学生時代のバイトを除いて、現在の会社でしか働いた事のないわたくし。
実は好きな社風なんです。 従業員に温かく、家族的な(そんなところが倒産に向かった短所でもありますけど)。。。
だから、らしくないけど、本音は、現在の会社の受け皿になってくれた某企業に、とっても感謝してるのです。

20170710_144749235 - コピー.jpg2007年7月、現在の社名で新しい会社がスタートして10年。
その記念式典への出席でした。

取引先へ行き新しい名刺を差し出しても
「えっ?水道修理会社に?」とか
「トイレットペーパー売るの?」とか
(紛らわしく似た社名だったので・笑)
負の遺産から始まってますので色々大変なこともあったのですね、きっと(他人事の様です・爆)
この10年間
『普通の会社にする!』が社長の目指すヴィジョンとして掲げられてました。
そして、この10年で、なんとか普通の会社になったと思うので、目指すヴィジョンを置き換えると発表。

ステージ上で発表された、その新しいヴィジョンは。
なんと
crazy 〇〇〇〇 (←〇は社名です)

普通になる事を目指していたはずの子供がcrazyになるんかい!?

面白がったのはshinの様に、何の責任もなく末端でチョロチョロしている身分だからでしょ(゚∇^*) 
或いは、定年までのカウントダウンが始まっているせいかも(゚〇゚;) 

日々、戦いの様に真剣に仕事をしている社員の方達の心中はいかに(^_^;)
shinはでも、この会社の、こういうところも好きよ

最終便で帰宅の日帰りなので、自宅に到着したのは、ほぼほぼ24時近い時間。
これは完璧、嫌いな種類の crazy 





posted by shin at 23:59| Comment(8) | ☆職場での事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

『 カエルの楽園 』

最近はTVでも時々みかける百田尚樹さんの著書です。
KIMG0953.JPG
“永遠のゼロ” や “海賊とよばれた男” が有名書になったので、他の著書も人気になってしまったのでしょう。
昨年のGWに札幌図書館でネット予約をして、一年以上過ぎて回って来ました。
市内17か所の図書館が蔵書してることになっているので、少なくても17冊は貸出本があるはずなのですけど、軽く一年越えです(笑)
でも昨年のGWに予約した10冊の中では、これが一番早く回って来た本なのです(爆)
話題本を早く読みたいとか思う方ではないので全然かまいませんが、
一人10冊までしか予約できないっていうのは少ないかなぁ〜と思いましたけど…
考えてみたら、予約優先になってる様なので、本屋大賞にノミネートされた本や、話題の新刊書なんかは数年間も図書館の棚に並ばない状況が続くという事で…
それはそれで問題が無いわけではないと…

この本も
そんな一般大衆の生活の中で、
何か偏ってないか? 何か極端じゃないか? 本当にそれでいいのか? 悪いのは政治家なのか? 誰が愚かなのか? 
図書館の本予約は果たして本当に正しいことなのか?まで思っちゃいましたよ(笑)

現代日本の風刺寓話。。。
憲法9条の問題、アメリカ基地問題、自衛隊法の問題、宗教問題、尖閣諸島問題、ついでに少子化問題とかまで範囲広げ、
そんなこんなを、安住の地を求めて旅に出たアマガエルに語らせる寓話でした。

物語の中の平和で豊かな国 “ナパージュ”は間違いなく日本を表してるとしか思えないし…
ナパージュ国を支配しているのか?守っているのか?の鷲はアメリカに間違いないし…
するとウシガエルは中国?北朝鮮?
ナパージュの三戒【@カエルを信じろ Aカエルと争うな B争うための力を持つな】があるからこそナパージュは平和なんだ!
という論法は
憲法9条があるから日本は戦争に巻き込まれずに平和であった!
という朝日新聞社の論法にピターっと当てはまり、
多分庶民のカエルをもっともらしい演説で洗脳しているデイブレイクは朝日新聞なんだろうなぁ〜と自然に理解できた。
そして、いっけんもっともそうな朝日新聞社の論法もデイブレイクの演説に重ね合わせると???過ぎて今更腹が立ってきた。
多分、百田尚樹の狙い通りにshinの頭の中が動いたのだと思うけど…(爆)

ん〜〜〜
イソップもそうですけど、
寓話ってのは、読後のスッキリしないムニュムニュ感が困ってしまいます。
著者に「貴方ならどうしますか?」と現在の日本の問題を突きつけられてる感がありました。
できるだけ愚かではありたくないと思うので、
現実の世界に当てはめて考えた時に、「どうするのが良かったのかなぁ〜」と判断しかねる自分自身がいて。
頭の中、心の隅、ムニュムニュ・ムニュムニュと。。。

今週末の土日で読もうと思っていたのに、金曜夜に読み切ってしまえるほど、読み易い本でした。
平和ボケで思考停止している私達が、考えてみるきっかけにできる様な短時間で読み切れる本ですし、
なにより何が正しいとか間違いとか、本の中で押し付けられてはいない気がしますので、
自分なら、どのカエルになりたいのか!?
今だからこそ、読んでおきたい本だと思います。


さてさて。。。
読書に更けようと思っていた週末二日間。
浮いちゃいましたよ、何しましょう(笑)


posted by shin at 18:34| Comment(8) | ★活字中毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

真面目のカタチ

長男からお中元が届いたのですけどね。。。
KIMG0950.JPG
やっぱり生真面目に育ててしまったなぁ〜と思うのですね(苦笑)

今から8年ほど?前の新入社員教育の時。
「初給料での就職祝い返礼等は、できるだけグループ会社製品を送って紹介しましょう」と会社に言われたとかで、
イオン電解飲料水のギフトセットを贈る!とか言ってたもんなぁ〜と思い出した。
金額ではないと思うけど…
でも!
10万円下さった元夫の御両親(長男からすれば祖父母)へのお返しがポ〇リスエットじゃ…
またまた私が避難されるわぁ〜と困ったことなどを懐かしく思い出す。

子供達にレトルトカレーなど食べさせた事などないつもりだし
私が使うと思ったのかな? 
母親イメージとしては、ちょっと心外(-_-メ)モヤモヤ
なんて、どうでもいいことに、ひっかかってしまうけど…

キャンプだっ! shinの望むキャンプ料理は手抜きで簡単に! ぴったりじゃん
朝・晩 朝・晩 と、飯炊き女中にならざる得ない環境で
キャンプの時くらいは飯炊きから解放されて、のんびり・ボケーっと過ごしたいshinにとって、ぴったりアイテムだわっ

そういえば…
普段、ほとんど家事労働しない男性は、キャンプ料理に凝る方が多い気がする。
いいなぁ〜料理が義務ではなく、ストレス解消だなんて。
そういえば元夫も、休日によく料理してたわ…やっぱり「ストレス解消」と言いながら。

先週末、長男嫁から来たLINEの内容。。。
「昨日、“これがshin母さんの生姜焼きの味と作り方です” と言って、長男さんが作ってくれました。 きっと思い出の味なんですね(*∩∩*)とても美味しかったです 」

ガビーーーン(゚〇゚;) バカじゃねぇかぁ〜彼奴はっ!

嫌味と受け取らない(多分)嫁で良かった(;´д`)トホホと思う。
shinが嫁なら “ ピキッ ” ってなってる(;^_^A
できた嫁様で、ホントもったいないです。。。



。。。突然思い出した!追記。。。
posted by shin at 22:14| Comment(8) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

怪しいと思う

自宅の斜め向かいは月7000円越えくらいの月極駐車場です。
その駐車場で「あら?事故ったのね!」と事故車が置かれているのに気づいたのは2か月以上前だったと思う。
KIMG0942.JPG最初は右後ろバンパーが割れているのと、
前バンパーが落ちてぶら下った状態で、
右前ライト部分が壊れている状態だった。
それが…
少しづつ、少しづつ、
この駐車場内でバラされていっている不思議。
素人shinには壊れ加減が増えていってるとしか思えないので。
折り曲げられてついてた “100”のナンバープレートも、気づいたら無いし…
もっと不思議なのは4本同じタイヤついていたのに、ある朝後ろ二本のホィールが変わっていた…
わざわざ何故だっ!?
KIMG0944.JPG今日は前面回ってみたら、
こんなにしっかり外側が無くなっちゃってるしっ(汗)
廃車にするなら、毎月の駐車場代勿体ないじゃん
怪しいなぁ〜
なんだか気になって仕方ない『近所の奥さん』心理のshinです。
なんざんしょっ
毎日観察が楽しみになってまいりました。




posted by shin at 20:59| Comment(2) | ☆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

今季三度目は美笛CP場

今回のキャンプ地は美笛なので、同僚親子を誘った。
美笛は近くに風呂無い・店も無いだし
一人1000円と高めだし
何より、草地じゃなく、ほぼほぼ砂地に幕を張るしかない!ってのが一番のネックで…もしかしたら個人的には、好んで行くCP場ではないのかもかも。
但し。。。子供が一緒だと俄然楽しめるCP場になる。
KIMG0937.JPG  KIMG0924.JPG
昨年ゆちゃんに教わった “ 美笛といえば!のエビ ” です
KIMG0925.JPG
子供が採ってきた小エビを素揚げして、岩塩パラパラ、ビールの伴に最高。

と、のっけからビールの話ですが、それは夕方の話。
エビは昼間は駄目ですね〜、
今回もテント設営の後、違うところに遊びにでかけ、あえて16時頃まで子供には待たせてたのですけど、
結局大漁に採れたのは18時頃だった。 美笛のエビは夕方です

24日(土)朝8時半、同僚親子がshin宅到着、すぐに出発。
子供乗せてますし、ちょっと気分転換休憩のつもりでポロピナイに入ったら、
バックミラーに知ってる赤いTRX。やっぱりなぁ〜の友人でした。
あれやこれやのおしゃべりしてたら、ちょっとの立ち寄りのつもりがけっこうな時間になってました。

KIMG0929.JPG前回の富良野は、芝からの細かい虫防御の為にも前室を座敷型に設営しましたが、
今回は下が砂地ですから敷マットの繊維に砂が絡むのが嫌だったのと、
翌朝の雨雲天気予報が雨の可能性もあったので、
ストレートに土間型設営です。
そして寝室は、同僚親子の為のダブルサイズのエアマットとshinのエアマット。

バイクでのキャンプと違い少々積載能力が上がった事でかえって悩みます。
バイクだと、「いかにコンパクトに必要な物をチョイスしていくか」だけで持ち物を決めるしかないので、ある意味悩み様がなかったのですね。
KIMG0923.JPG中途半端に少し荷物を増やせる軽四輪だと、迷います。迷えますなのかなぁ?
毎回、少しずつ持ち物を変えて組み合わせてみてます。
こうしているうちにきっと、BESTが決まるのでしょう。

幕設営の後は樽前ガローに行ってみる事にしました。
下戸のユウタ君が運転して一緒に行ってくれるというので、同僚とshinは設営完了の乾杯をしました。
そして車両の中でも、飲み続けます。 あ・り・が・た・や
午前中にポロピで会った友人のTRXと樽前ガロー近辺で、また出会ったのですけど、今度はこちらがユウタ号だった為まったく気づかなかった様です。
きっとTRX君も樽前ガロー散策したのねっと思ったのと同時に…ライダーブーツでか?と。
ライダーブーツで上り下りした賀老の滝や、積丹島弐意海岸を思い出したわ

樽前ガローは三か所の降り口があると聞いてましたが、二か所しか探せませんでした。
KIMG0917.JPG  KIMG0921.JPG
それぞれの降り口から見える様子は当然違うでしょうから、ぜひとも三か所とも発見したかったわ。
発見するまで探せば良い? 子供の気持ちがスッカリお預けしてあるエビすくいに向いてますので
KIMG0922.JPG  KIMG0920.JPG
かなりの急斜面をロープ伝いに降りたりしたのですけど…高所恐怖症なんのその!
多分、最も身軽にヒョイヒョイ移動してたと自負してます。
絶大なるアルコール効果なのです
以前、東京出張でH日航アリビラ4Fに宿泊した時、shinの部屋のバルコニーから隣の同僚の部屋のバルコニーまで、
パンプス履いたまま柵の上を移動しようとして上司に力づくで引き下ろされた事もあります(爆)
翌日、酔いが覚めてバルコニーに出てみてゾッとしたのですけど
お酒が回ると、高いところが全く平気になる不思議。。。

偶然だけど、支笏湖の花火大会の夜でした。
なんか…色々と厄介なことが起きた夜宴ではありましたが…炭で焼き物を頂き、
遠く対岸で上がる小さな花火を見て、早めに就寝。

翌日25日、早朝5時半、トイレに行きたく目覚める。トイレの後は二度寝をするつもりだったのですけど…
テント前室のファースナーを開けた瞬間・・・うわぁ〜おぅ
「 おはよーございます! コーヒー飲みますか? ニッコリ(*∩∩*)」早起きゆうた君がいました(笑)
KIMG0932.JPG  KIMG0931.JPG
美笛キャンプ場の早朝です。
やっぱり樽前ガローは昨日のうちに行っておいて良かった〜の空っぽいです。
早めの撤収がよかろうとは思いますが…一応、遊び盛りの子供もいますので
KIMG0908.JPG  KIMG0935.JPG
こんな枯木を渡った先を探検しに行ったり…
砂浜にスタート&ゴールを描いて短距離競争したり…
ワンタンと棒ラーメンのスープやお茶漬け等、簡単だけどちゃんと腹にくる物を食べ…
我が子が小さかった時のキャンプを思い出してね。。。
そういえば、夜も朝も昼も、子連れキャンプはご飯が必要なんだよなぁ〜と思い出す。

「ご馳走しますので、アイス食べに行きましょう」と言うユウタ君に甘えまして
KIMG0938.JPG  KIMG0940.JPG
滝野を超え真栄かな?にあるイチゴパフェの店へ お蕎麦屋さん農園の四季の近くにあるお店ですが、
すっかり建物が建て替えられてました。外からイチゴを仕入れて冬もオープンする事になったみたいです。

楽しい二日間でした。 樽前ガローは、快晴の日に又行って、今度は三か所全ての降り口をみつけたいかも。
二回目の美笛で思いましたが、砂地は帰宅してからの片付けが大変なのを実感。
バイクじゃない事で、ドンドン荷物が増えているので、よけい思うのですね。

キャンプ場選びの条件がドンドン変化してる。
できるだけ近場がいいなぁ〜
芝地は絶対とまで言わなくても、かなり大事な条件かも。
風呂は一泊二日なら、私は無くても大丈夫。

そして一番変わったこと。。。
ソロでキャンプに行きたいと思わなくなった。
二輪で遠くまで走る、その先にあった手段がキャンプだった時と違い
キャンプ自体が目的になった時、そりゃ違うよねぇ〜

さてさて次は? どこ行く?






posted by shin at 23:59| Comment(4) | 2017お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする