2017年05月11日

戌の日に

有給を取り、次男夫婦と午前中に北海道神宮へ戌の日の安産祈願へ。
本当は先月の17日が五か月目の最初の戌の日だったのですが、次男が外せない出張で休めず本日に。
KIMG0769 - コピー.JPG  
私自身の時は、何のこだわりもなく行かなかったし、
ましてや…行くにしたって、近所の神社で良くない?
何もわざわざ北海道神宮まで身重で行かなくても…
と、思う母だけど…

なんだか次男嫁様が、神宮の大きさ・立派さを見て、
とても喜んでくれていたので、まぁいいかぁ〜平和・平和(^^)

買わせていただいた安産祈願のお守りに、
とても喜んでくれたので、まぁいいかぁ〜平和・平和とっ(^^)
KIMG0771 - コピー.JPG  KIMG0774 - コピー.JPG
実はいろいろある。。。道中車内での会話も。。。この神宮内でも。。昨夜のLINEでも。。。
まぁ、いろいろあるのだけれども、サッカー中田もTVCMで言ってるじゃないか!「全て呑込めるのが大人」って。
呑込みましょう(爆)
KIMG0776 - コピー.JPG呑込みましょうで思い出した。
今日唯一の笑い。
参拝する前に、ここで手や口を清めるじゃないですか!
私の右隣で、私の振る舞い見様見真似で次男が清めてたんですね。
私が左手を洗えば次男も左手
私が右手を洗えば次男も右手
私が口元を清めたら次男も口元。。。
え?
今…飲んだ?
その丸めた手のひらの水、口元清めて吐き出してないよね?
飲んだよね?

え?
飲まないの?

皆、手とか洗ってる水じゃん!
汚いじゃん!

え?
汚い水で手や口洗うの?
なんで?
。。。。。。。。。
次男君にも一理あり
の、気もするけど
やっぱり、飲めないよ、飲んじゃヤバいよ
と、思う。

ランチにちょうど良い時間にお参りも済ませて、この界隈なら色々お店もあるし〜と
何食べたい?と聞いたら蕎麦!と次男にしては珍しい回答
この二人の場合は、親に美味しい物食べさせてあげたいではなく、いまだにご馳走される側だと当然の様に思っている様なので、
遠慮なく、美味しいお蕎麦を食べに行くことにした。
KIMG0777 - コピー.JPG  KIMG0778 - コピー.JPG
伏見にある “ 和菜 きらり ” さん
20170511_114145595 - コピー.jpg  20170511_115538241 - コピー.jpg
今日、初めて気づきました。店内見えるところに蕎麦打ち部屋がガラス窓であったのですね〜
shinは柚子香りのお蕎麦、たいへん美味しく頂きました。 


色々あるけど
呑込みます
母なので。。。


posted by shin at 21:25| Comment(2) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

母の日の花

本日、長男からゆうパックで届けられました。

KIMG0767.JPG母の日プレゼントは次男からは何度か貰らいましたが、長男からは初めてです。
「ありがとー」とメールしたら
「できた嫁でしょ」と返事のメール
「出来過ぎて勿体ない、申し訳ないわ」と又メール。

でも
よく考えてみましたら
息子よ、でかした

あの女性を選んだ、
選べた貴男は凄いと思う。
更に、あの女性に選んでもらえた貴男はやっぱり凄いと思う。

と、思うshinは…まるで長男の嫁に恋してる様ですね
だって、そうよね!?
誰かの事が盲目的に素敵に見える。
まるで欠点など無いかの様に思えて。
例え、うっすらアバタらしき物が見えたとしてもエクボに見えると言う。。。
いえいえ、今現在、エクボすら見えないほど光輝いて見えているのだから、
私きっとみっともなくデレデレです(笑)
決して、花を頂いたからではありません。

その恋心相手の嫁様にも御礼のLINEを入れましたら、
「花は照れながらも長男が選んだんですよ〜」と、これまた長男を立ててくれる言い草。
ほらね、やっぱり素敵だわぁ〜(^^♪

だけど長男。。。
そうかい長男。。。
母の日だから、てっきりミニカーネーションの新種?と思ってガッチリ触れてしまいましたよ。
まさか『 薔薇 』とは思わなかったから。。。
立派な棘に、しっかりやつけられました \(◎o◎)/

でも。。。ありがとう。。。


posted by shin at 23:59| Comment(4) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

母の定期検査

母も術後三か月以上経ち、二か月ぶりに定期検診に連れて行きました。
KIMG0168-1.jpg一か月過ぎた時の検診時は
あまりの体力の衰えと痩身ぶりに
手術したことは間違っていたのではないか?と
80歳過ぎているのだし、肉体を騙し騙し、
病気と共存した方が母の為に良かっのではないか?と
実は、そんな風に思ったりもし、後悔というか。。。

現在、とても元気
すこぶる元気
検診後、帰宅道中にある274号沿いのお蕎麦屋さんでも
しっかり完食してました
shinは山菜蕎麦ですが、母はかしわ蕎麦。
野菜より肉好きです。
血液検査の結果なんて、血圧すら正常で、shinより健康体の80歳です。。。
なんだか。。。
長生きしそうです。。。
いいんですけど(汗)
なんか、怖いなぁ〜年寄りの健康体って(爆)


posted by shin at 23:59| Comment(4) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

入籍だけ

7月4日
KIMG13.jpg
入籍だけすませたとのこと。
勿論、私ではない、次男だ。

9月に出来上がる予定のアパートを予約したらしいので、実際の結婚生活は10月かららしい。
それまでは北海道と東北で遠距離結婚。

私としては、
はやく
一日でも早く次男の日常生活援護から解放されたい。
つくづく人と一緒に暮らせない人であることを実感している。たとえ息子であったとしても。。。






。。。委細。。。
posted by shin at 17:38| Comment(2) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

母の手術

本日はAM9時から、母の大腸癌の手術だった。。。
便秘で救急車で運ばれたことが発端となり、
手術可能な段階の癌を見つけることができたのだからラッキーだった。

予定では内視鏡を使った腹腔鏡手術のはずだったのだけれど、
癌細胞が腸壁外側まで到達していて…
途中で開腹手術に変更したので、母が手術室から出てきたのは15時を過ぎていた。

術後、切除した物を見ながら説明を受けたのだけれど…
しばらくホルモンは食べられそうもない(爆)

医師は
「 なかなか質の悪い奴でしたね 」 とおっしゃったが…
色といい(ゴメン)
大きさといい(ゴメン)
ひきつり具合といい(ゴメン)
あれやこれや
あの程度でステージVの質の悪い奴だと言うのなら
あの小次郎の
毛むくじゃらの皮膚をも突き破り穴をあけ
外からでもはっきりと見ることができた真っ黒い癌細胞は
宇宙級の悪い奴だったんだ!!!
と、
そんな奴と戦って、あそこまで生きていてくれたんだなぁ〜と
ホンとに小次郎は、すっごく頑張ってくれていたんだなぁ〜と
思い出して泣きそうになった。

母の術後説明を受けながら、小次郎に思いが飛んでいるshinは
本当に
母に
冷たい
と、思う。


手術前に貴重品などを入れておくロッカーの鍵を預かっていた。
貴重品と言っても、
お友達とおしゃべり三昧するための携帯電話と
一階のコンビニで大好きなおやつをこっそり買いできる程度のお金しか入ってない。
まぁ、母にとっては、どちらもかなり大事なことではあると思うけど。
危なく、預かったまま帰宅するところだった。
帰り際に母が 「 鍵ぃ〜 」と小さな声で言ったので、持ち帰らずすんだ。
が。。。
ちょっと待ってよ。。。!?!?!?
今の今まで
病室外廊下まで聞こえる様な声で「 うっ〜〜〜うっ〜〜〜 」 って唸り声上げてたよね?
まだしっかり麻酔が覚めてないんだなぁ〜って感じでわけわかんないこと言ってたよね?
相変わらずの母でした。。。



posted by shin at 19:15| Comment(6) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

次男の婚約

2月8日。
大谷地某所で、今秋次男が結婚するというお嬢さんと会った。
出世して金持ちになり、顔もまん丸になっていた元夫とも数年ぶりで会った。

wedding-ring-897416__340[1].jpg

次男より6歳年上のしっかりしたお嬢さんで、元夫も私もとてもとてもとても安心した。
次男の仙台勤務時代の同僚で、34年間塩釜市の実家から出たことがないという、いかにも大切に育てられたお嬢さんで。。。
よくも、次男の様な頼りない男について北海道まで来てくれる気になったもんだと。。。

元夫が「 結婚するんだから、彼女の人生背負う責任がウンちゃらコンちゃら 」と言った後に、
「 まぁ、その責任を果たせなかった俺が言うのも何だけど 」 と自爆して若い二人に笑われていた。

次男の婚約者が手土産を二つ…元夫とshinに。
shinはお礼と同時に 「 ごめんなさいねぇ、本来なら一つで済むのにねぇ 」と謝罪して笑われた。

この春、元夫とともに彼女の御両親にご挨拶に伺う。
あちらの御両親の都合に合わせるので日程を決めていただく様に話した。
最近、列車旅に目覚めた元夫は北海道新幹線の利用も兼ねて列車で行きたいらしい。
shinはフェリーで行きたいと言ってみた。
次男は、どっちも勘弁してくれ!飛行機に決まっているだろう!とあきれていた。

あっという間に過ぎた3時間弱の会話の中で。
何故、shinが元夫と添い遂げられなかったのか、何が嫌だったのか、
やっと、はっきり理屈でわかった。
離婚して11年。いまさらだけど、スッキリしたなぁ〜

って、「いまさらかい!?」「何だよ、なんとなく離婚だったんかい!?」 と、帰宅してから次男があきれてた。
若い二人に幸あれ


posted by shin at 17:32| Comment(4) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

真面目過ぎて泣けてくる

好んで自宅でゆったり過ごす時間を増やすと、色々家具とかを買い替え充実したくなる。
そんなわけで、ますます断捨離が進む日々。

子供達の思い出物を整理していて、目が留まった物。心が停まった文。
中身を読んで、自分自身が怖くなった。。。
20150922_183815.jpg長男が小学1年生から6年間使った連絡帳だ。
心臓がバクバクして泣けてしまったのは、
二年生になったばかりの頃の私から先生へ宛てた連絡内容。
まずは前日の親子の会話が綴られていた。

一年生の三学期途中で買い換えた8マスの国語のノート。
二年生になったので18マスくらいのに買い替えてほしいと長男に言われた母Shin。
長男 「級友に一年生のノートでダサい!と馬鹿にされた」
長男 「うちより貧乏っぽい人だって(どういう意味だっあせあせ(飛び散る汗))買い換えてる」

Shinは、まだ7歳の長男に言って聞かせた様だ。。。
ノートは森の木を切って作るのかも。
世界にはノートなんて見たことも無いくらい貧しい子達が沢山いる事実。
母Shin 「長男が我慢しているのは知ってるし偉いと思っているけど・・・長男さへ喜べばいいという、何も考えない母さんでいいの?」
7歳の長男をコントロールしようとしているのは明らかだ・・・
長男 「そんなお母さんは嫌だ! でもノートは欲しい。」
母Shin 「長男が決めていいよ。どうする? 」
長男 「もう少し考えてみる・・・」

翌朝、
あともう少しだから全部使ってから使うことにした!と言われ
8マスを四つ切に線を引き小さいマスにして使う知恵を担任教師からも受けていたとの報告に
先生への感謝の気持ちと、私の教育方針、級友への対応の依頼を連絡帳に書いて持たせた様だ。

コントロール成功だ・・・大成功だ・・・長男の理解力・向上心・熱い心をいいことに、Shinはいつだって、自分の理想を長男に押し付けてきたんだよなぁ〜と色々思い出した。
愛情・・・かもしれないけど・・・厳し過ぎるよなぁ〜と、今なら思う。
最初の子供で期待し過ぎて
ちゃんとした子に育てなきゃ!と頑張る気持ちが強すぎて
長男はShinに、心を抱きしめられた記憶なんてないのではないか?と・・・もうやだ〜(悲しい顔)

長男が
よくぞ、つぶれずにいてくれたと・・・
冷汗もんだ。
Shinのあまりの徹底ぶりに、長男が可哀想で胸がつぶれる(もう潰れてるほどしなびてるけど)想いになる。


ちなみに
次男君の方は
ノートを買ってくれと言ったことは全教科合わせても一度もなく
って、小学校一年生入学の時のノートを卒業するまで使い続けた・・・というよりも
ノートなんて6年間全く使っていなかった・・・ということで爆弾
(勿論、鉛筆や消しゴム等の文房具全て)
多分、教科書ですら必要ない子だったのでは?ふらふらと。
それはそれで
「それでもいいかぁ〜この子の個性」と苦笑いですませていたので
尚いっそう
長男ばかりがShinのコントロール支配下にあった感で・・・

いや本当に!
よくぞ普通に育ってくれたと
感謝と反省しきりたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)




posted by shin at 12:38| Comment(0) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月16日

唯一の後悔からの開放

今年のshinの誕生日に書き始めた記事です。。。
表示にする勇気がなくって、ずるずる。。。

この55年間で、後悔し、いまだに自分を責めていた出来事が一つだけあり。

見方を変えれば、55年も生きてて、たった一つしか後悔することがないの!?っつー話ですが。。。
図々しくも
今現在は、たった一つだけなんですね。
基本、自分にはあまい人ですから。

でも、
この20年前の長男に対する出来事一つが
なかなか・・・で。

自分にとっては、
とても恥ずかしいことなので、誰っにも言えず。
開けっ広げなshinにしては珍しく、大親友にも打ち明けられないほど恥ずかしいと感じてきていて。

でも
ここを許してあげなければ
いつまでたっても
自分で自分を蔑んだままだなぁ〜と

思い切って
その情けない自分と向き合って、自分を許してあげる為の行動を起こす。
残り少なくなってきた、これからのshinの人生を晴れやかに穏やかに過ごすためにも。

shinが次男に対してよりも長男に、
異常なまでに遠慮心が働くのも、きっとここに原因があり。。。

本当は昨年、旭川の友人に会いに行ったのも、
その事件に係わって長男を助けてくれた友人に本当の事を話したかったからなのだけど・・・
その時の友人の状況自体が、それどころじゃない感じがしたので、言えずに帰宅してしまい・・・

NET上という全世界に向って(爆)告白・ざんげ?
いや、そうじゃないつもりだけど・・・shinにとって自分への確認作業なのかなぁ〜BLOGってのは・・・
リアルじゃない世界だから、一度自分の腹を開いてみられる・・・人生のリハーサルか?

開放されたいと願う
でも、開放してあげられるのは
自分自身でしかないのよね

許されたい、許したい。
開放されたい、開放してあげる。




私は子供の命より自分が大事だった母親です
posted by shin at 22:23| Comment(4) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

母の鼻歌

只今
自室のノートではなく、一階居間のPCで仕事の報告書をアップしておりました。
隣室は以前はshinの寝室だった、開けっ放しの母の部屋。

母はチマチマ・チマチマ工作中の様子。
厚紙や綺麗な柄の包装紙などを再利用して知り合いやディサービスの食堂に寄付している 「 爪楊枝ケース 」 を製作中。

鼻歌が聞こえてきます
曲名は???ですが、優し〜いメロディです

どーしても
どーしても
ついついshinは母に辛口になっちゃう人です。
昔から!小さ頃から! どーも相性が悪く、仲良くできなく。。。
どーも、毎日イライラがちなのですけど。

shinが 「 やっぱ、絶対に一人がいいよなぁ〜 」 と思うのと同じ様に
きっと母も 「 一人暮らしが良かったよなぁ〜 」 と、思うに決まってる!と、思うほどshinは母に
どーしても
どーしても辛口であたってしまいがちなのです

ですが
母は機嫌よろしい様で
母の鼻歌が聞こえてきてます

チンケなshinとは違い
おおらかで、明るく、穏やかな人なんだと思います。。。
もしかして、だからこそ
嫉妬からイライラしまうのでしょうか?。。。わかりません。。。

母の鼻歌を聞きながら
『 優しい娘じゃなくてごめんね 』 と泣きたくなりました
でも!決して!
絶対に口に出すことは無いshinです

ストレートに優しい気持ちを表現するのは超〜〜〜苦手です
それ以上に苦手なのは
そんな自分を許してあげることかもしれません。

生きづらいですねぇ。。。



posted by shin at 19:42| Comment(2) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

『読み聞かせ』の効用?

『 64の犬物語 』 でも、本の紹介をしたいわけではないのです。

無題.png元々、読書好きなワタクシですが、
これは一遍が4〜5ページの作文なので、雑誌感覚で居間のソファーテーブルに置きっぱのチョロリ読みをしてました。

犬好きな次男が、ちょっと興味をそそられたらしくパラパラとページをめくり、
更に、椎名誠さんの巻頭エッセイに目を通して 「 この本貸りていい!? 」

勿論いい!に決まっているのですが。
ビックリ!!!です。

恥ずかしながら、我が息子。
義務教育中ほとんどの教科の成績が 『 1 』 という評価です。
小学一年生で初めての通信簿をいただいた時はビックリしました。
ピッカピッカの一年生に 『 もう少し 』 の評価が実際あるとは思ってなかったから。
『 大変良くできました 』 『 良くできました 』 『 もう少し 』  の三段階評価です。

我が息子の世代は、TVゲーム全盛期世代。
任天堂のファミリーCPからスーパーファミコン、任天堂64、ソニーのプレステーションへと次々進化していくのと同時に育った世代ですけど、
小さい頃の次男は全く枠外におりました。
理由は
流行のRPGゲームの 「 漢字が読めない! 読むのが面倒くさい! 」 だったからがく〜(落胆した顔)

旭川時代通っていた保育園では、週末に園所有の絵本を5冊まで限定で借りてこれるのですけど、次男は毎回必ず “ 狼と七匹の子ヤギ ” だったので。
よっぽど好きだから、毎回コレなんだと思ったワタクシは自宅用にも購入したのです。
自宅に購入したにもかかわらず、借りてくるのは、やっぱり同じ本。
数年たった後理由を聞いた時、 「 どうでもよくて、選ぶのが面倒臭かったから 」 と言ってましたがく〜(落胆した顔)

そんな次男が、本を読むなんて・・・!
必要に迫られてもいないのに、自ら 「 貸して! 」 と、言うなんて。

そういえば
引越し荷物の中に書籍があった。
最初に横浜から帰札した時の荷物にも。
今回一年強の東北在中の引越し荷物にも5冊くらいの書籍が。

色々、思い返して見た

勿論、親元を飛び出して、成長する必要を絶対的に感じたはずの東京での5年間の苦労のおかげでもあるとは思う。

でも
きっと
幼〜い頃の寝床の中での、半強制的っぽい毎日の読み聞かせの成果でもあるのでは?と思う。

6畳にベット3台並べ、真ん中にshin、両脇に長男・次男。
20時には寝室に三人で上がり、一人一冊づつ選択した絵本を順番に読み聞かせる幸せな時間。
次男にとっては、望む時間ではなかったのだろうけど、毎日の積み重ねの成果は、きっと大きいんじゃないかな〜と思う。

幼い子への読み聞かせ、とっても大事なんじゃないかなぁ〜と思う。
保障できないけどあせあせ(飛び散る汗)shin宅の次男ですら、少しは成果があったのだとしたら・・・
幼い子供を持つ親御さんには、是非是非持ってほしい時間だと思う。

家中、まだまだ棄てられる物は無いか?と探し回ってるshinではありますけど、子供達に読み聞かせた絵本のあれこれ。
自分自身の保存本は100冊以内に絞られても、子供の絵本は・・・な〜んか処分できずに迷いがあった。
今後は迷いなく、とっておきたいと思う。
想像しがたいけれど・・・将来の孫ちゃんへ読み聞かせてあげられる幸せTIMEの為に。

と、思ったひとコマの日常でした。



posted by shin at 21:12| Comment(0) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

薄っぺらじゃなくなってた27歳

久しぶりのBLOGでして。
生きてますよ〜みたいな、とりあえずの生死確認記事で・・・

今月半ばから、仙台勤務だった次男が転勤で帰ってまいりました。
今朝は、方向と時間的にタイミングが合い、助手席に次男を乗せての出勤でした。
フロントバイザーに、先日購入した年末ジャンボ宝くじが刺さってまして。
『 7億当たったらどうする? 』 で、
世界一周旅行は行くよね?・仕事はやめる?等々、一通り極々よくある、誰とでもする差しさわりのない楽しみいっぱいの夢話を。

そして少しの沈黙の後

『 でも・・・』
『 虚しくなるかもね・・・ 』
『 今までの努力とか、我慢してきたこととか、いったい何だったの? って、苦労や経験が無意味に感じてさぁ 』

ん〜〜〜〜母、負けた!!!
shinはそんな風に掘り下げて想像したことは一度もなかったかもっあせあせ(飛び散る汗)
『 そうだねぇ〜確かに! 自殺したくなるほど虚しいかも〜』 って、同調いたしましたダッシュ(走り出すさま)

お洒落することと、音楽と女の子にしか興味ない薄っぺらな若者と思ってたけど、
いつのまにか、人としてちゃんと成長しようとする人になってたんだなぁ〜と頼もしく思えた。
朝から、いい一日のスタートをきれたのでした。
負け〜て嬉しいハナイチモンメるんるんって唄あったよねわーい(嬉しい顔)


そんな本日は、冬至と新月が重なる貴重な日とのこと。
かぼちゃ食べて、柚子風呂入って、
回りが皆、健康で、平和で、満ちていて、
shin自身も、無理のない仕事・日常・想いと、幸せであることを噛締めて感謝したいと思うこの頃でございます。



posted by shin at 22:56| Comment(2) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

次男帰省最終夜

今から十数年前、ここらへん地域で鼻つまみっ子だった悪がきどもが26〜7歳になり庭にてBBQ
ついさっきまで一緒させてもらい、名残惜しくも引き際大事わーい(嬉しい顔)

CA390035.JPG







。。。委細。。。
posted by shin at 21:39| Comment(0) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

母の引越し

いよいよ母が越して来ました。

初日から参ってますぅ〜
いえいえそれは引越し見積もりの日から始まっていたのでした



長々とした、どーでもいいような事の気晴らし文章日記です
posted by shin at 23:59| ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

大切なもの

。。。ふぅ〜〜〜。。。

七年前に手放したはずの次男が突然帰って来て、一緒に暮らしたこの二年を振り返る。
母親業ってのは、体力必要だったんだなぁ〜と、つくづく思い知った二年間だった。
昔と同じ様に母親をこなそうとすると、その疲労感に年齢的な衰えを思い知りがく〜(落胆した顔)

だけど
ふりかえったらきっと
思いがけないボーナスもらった様な
ラッキーな二年間だったんだと思う

それも
今日でおしまい
明日
また彼は旅立つ
なんやかんやと、昨年から彼の事情の中に複数の糸の先にある縁アリアリの地へ。

七年前
彼を見送った時は
「 泣きっ面で、すぐに帰ってくるだろう 」 と。
「 半年? まさか三ヶ月とかで帰ったら情けなさ過ぎだよなぁ〜 」 なんてチラリと子ども扱いの見くびりなんかあって。

今回は
きっともう二度と
一緒に暮らす事はない気がする

きっと
そんなに遠くない未来には
結婚もするだろうし ( 勿論、次男がっあせあせ(飛び散る汗)


また
穏やかな一人の生活に戻るのね。
睡眠不足で失った2キロの体重は戻ってくるのだろうか?わーい(嬉しい顔)


どうか
自分が思い描くように
自然に感謝の気持ちが湧き出るように
自分自身を大切に思い
自信を持って歩んでいけますように。。。



。。。大切なもの。。。
posted by shin at 23:22| Comment(0) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

頑張って

先日のママ友忘年会の時に仕入れた情報を。
長男の幼馴染達のママ達ですから、長男へメールしたわけです。忘年会の翌日に。

長男と同じ職種で他社へ行った子が、何処の支店配属なのかを以前知りたがってたので
『 あの子は、函館勤務だってぇ〜 』 と。
ついでに
長男の初恋相手が、早婚でママになった事や
(これがいけなかったのかどんっ(衝撃)
男子でも来年早々パパになる子の事を。

私としては
深い意味も何も無く
彼ら彼女らの母親達と久しぶりに飲んだのよ〜
くらいの軽い、楽しい報告のつもりだったのですけど

一日置いて返って来た返信メールは

あなたの息子も高崎で頑張っています

でした。。。

知らない土地での初めての一人暮らしだし。
12月下旬に資格試験あると言ってたので猛勉強中だったろうし。
研修期間終了してまだ間もなく、慣れない実践現場にヒィヒィの時期だろうし。
寒い時期だけど新入社員は年内は車禁止の規則ゆえ、現場回りはチャリと公共乗り物とか言ってたし。

そういえば、生活と勉強と仕事とのやりくりで
全く余裕が無いと言ってたのになぁ〜と

反省しましたよ
無神経だったなぁ〜と
想像力が欠けているよなぁ〜と

きっと本当にせっぱつまってるんだろうなぁ〜と思います。
( キャパが元々狭いタイプですしあせあせ(飛び散る汗) )
普段なら『 へぇ〜! みんなも頑張るなぁ〜 』 とか言えるのでしょうけどね…

考えて考えて
私も一日置いて返信しました

そうだね、無理しないでね と。。。

で、一応今日、又送信
件名:メリークリスマス
内容:帰宅の29日は何時着の飛行機ですか?

返信が届きました
21:05着予定です。
帰ったら、カレーが食べたいです

       
                たらーっ(汗)
      
                たらーっ(汗)

                たらーっ(汗) 

続きを読む
posted by shin at 23:59| Comment(2) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月28日

空回り

レッドバロンのタンクバックをご存知でしょうか!?
A4サイズのツーリングマップルも使える大判で
腕時計収納が透明です上部にあるのです
両サイドに小物入れとか
かなり大ぶりだけど使いやすそうで
しかもしかもの5千円強の格安なのです。

私が欲しい物だからこそ、新米ライダーの次男に贈ってあげました。
まさに今日、郵送したのです、明後日あたり着くと思うのですけど…

次男は次男で今日、納車の喜びをメールしてきました、たった今。
写真つきで。。。
090928_1541~01.jpgCAHA7BDT.jpg

笑っちゃいました
コレはっ。。。
断言できるねっ
バロンのタンクバックは装着不可能ダッシュ(走り出すさま)


続きを読む
posted by shin at 23:46| ☀| Comment(6) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月26日

片付け途中に

漫画本.jpg『処分か持参か…もう少し考えさせて下さい』 と、
長男が唯一保留にした荷物
← それはマンガ本わーい(嬉しい顔)

そりゃそうかもねぇ〜
ほとんどが小学生の時に
月、数百円の小遣いで買ったり
時々来る祖母に(孫に激甘の私の実家の母です)買ってもらったりした漫画本で
絵本や書籍は二つ返事で買ってあげていた私でも、マンガは一冊も買ってあげたことないですから。。。
多分。。。
必要ないと思ってはいても。。。
想い入れが大きくて
なかなか処分できないのでしょう わーい(嬉しい顔)


反対に私はといいますと。。。
posted by shin at 17:39| ☀| Comment(0) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

ガランとした二階

今朝9時から始まった長男の荷物出しは30分くらいで終わってしまった。
クロネコ引越し便.jpg しっかりしているようでいて、まだまだ世の中の流れを知らない長男は、
 このシルバー連休2日前に飛行機の切符を手配しようとしたらしい。
 当然切符はとれるはずもなく、自分は帰らずに引越しの全てを
 私に任せていいか?と言ってきていたのだけれど…
          shinの返事は×
 春から何度かの帰還の度に再三、被服や持ち物・書籍等々、不必要な物を処
 分して引越しに備えておく様に言っていたにも関らずそのままだったわけだし…
特にクローゼット一本埋まっている医療関係の書籍も全て送ってよいのなら引き受けてもいいけどと…
奴は新幹線とJR乗り継ぎ、立ちっぱなしで帰宅したがく〜(落胆した顔)
長男は又ひとつ経験を積めたわけだっ手(グー)


090922taka.jpg 帰りは明日、旭川空港発で切符がとれたので
 さきほど旭川に向けて出発した。
 この春から旭川に転勤になった父親(元夫)の部屋に一泊させてもらうらしい。
 父親も嬉しいだろう。
 丁度良かったのかもしれない。

 なんやかんや言っても今朝までは
下駄箱開ければ半分は彼の靴が積み上げられてたし
二階の彼の部屋は、寮やホテルの仮住まいの今までは荷物は学生の頃のままだったし
あれやこれや。。。

そして今
本当に一人になったんだなぁ〜と
実感している
やっぱり
少々
寂しいよぉ〜 。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。

偶然にも今夜
古い友人達とのデートの約束があって助かった もうやだ〜(悲しい顔)
皆にいっぱい、あまえてくるとしよう るんるん
posted by shin at 14:52| ☔| Comment(4) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

ツーリングマップル

 ↓ ジス イズ プレゼンツ ↓  プレゼント 購入しました

TM関東甲信越.jpg

続きを読む
posted by shin at 21:39| ☔| Comment(4) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

蒔いた種。。。

9日から、お盆休暇で帰省していた長男が今日徳島の研修センターに帰還しました。
と言っても、いよいよ来月から何処かの支店配属になるので、月末には又一度帰宅するのですけど…
そして札幌支店配属の可能性も相当高いらしく…

そんな状況下での、昨夜の親子の会話で。。。

ただいま
けっこう
自己嫌悪中あせあせ(飛び散る汗)

まあ
自分を赦すことは
とても上手に
早めになったのであせあせ(飛び散る汗)

ちょっとだけ
ブツブツしたいだけなのですけれど。。。
ふぅ〜バッド(下向き矢印)

昨夜の会話
posted by shin at 23:11| ☁| Comment(3) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする