2017年08月31日

桃泉果

危なく!賞味期限越えるところでした 
冷蔵庫の奥で眠ったままだったのを、今朝起こしました。
こんな木箱に入った贈り物。 桃です。 銀座です。 宗家 源 吉兆庵です
KIMG1213.JPG  KIMG1214.JPG
こんな高級菓子は、もう少しお上品に召し上がれ〜と思われてる方も多いでしょうけど…
ゼリーとか、あまり好きじゃないので期待せずチャッチャと朝食代わりにやっつけるつもりだったのです。
見くびって大変に失礼致しましたm(_ _ )mと、白桃ゼリーに詫びを入れます。
岡山の白桃を丸ごと一個ゼリーで包み〜と言われたら…
それなら丸ごと桃の方がいいじゃん!と思ってしまう貧民育ち(^_^;)

『 桃泉果 』さん、すみません。
想像の100倍、生桃の100倍、美味しくいただきました




posted by shin at 23:46| Comment(2) | ☆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

小樽海岸自然探勝路

木々も、草花も、景観も、地面も、匂いも、全〜部、色々な表情を見せてくれる超楽しい道でした!

待ち合わせは8時半、小樽祝津のホテル ノイシュロスなので、下道でも7時出発で余裕で間に合います。
小樽築港のあたりで「あらっ?」の三台でつるんで走ってた懐かしの(多分)旧車(*∩∩*)
KIMG1170.JPG   KIMG1171.JPG
天気が良くって気持ちいいドライブ日和。私もトレッキング日和でっす

到着したホテルノイシュロスは水族館の裏側に位置していて丘の上なので駐車場から見る景色もいいです。
KIMG1173.JPG  KIMG1175.JPG
このホテル、
KIMG1172.JPGなんでもオタモイから祝津までの海岸線が
道内きってのロッククライミングエリアとの事で、
登山客やクライミング練習者、探勝路散策者に
とても協力的なホテルだそうです。
上の方にある第二駐車場も使わせていただけて、トイレもお借りできます。
日帰り入浴も800円で出来ますので、
山から下りてきたら、使わせていただきたいと思います。
なんと、お湯は温泉ですって

ここは到着地点にするつもりなので、車を二手に分けてオタモイ側登り口まで移動しました。
もう一度一人で行けと言われても迷ってたどり着けないと思われますが…
↓ オタモイにある唐門 ↓
KIMG1176.JPGここがオタモイ側スタート地点目印で
手前に数台置ける駐車スペースがありました。
祝津側から入るより楽しいと思われます。
( Mの人に限りますが・汗 )
赤岩山(371m)と下赤岩山(278m)二つの山の頂上を経由する探勝路ですが、
オタモイ側から入ると結構な急斜面の上り坂が続きます。
なので山登り気分を味わうなら絶対にオタモイ側からアプローチです
オタモイから赤岩峠1時間30分
赤岩峠から祝津1時間予定のトレッキングスタート。
KIMG1177.JPG  KIMG1180.JPG
軽〜く10分も歩くと出羽三山神社小樽協会という建物前に出た。
この後はひたすら登り、結構な長い距離のひたすら登り。
最初は前回と同じく母の杖を使って登っていたのですがアドバイスを受ける。
「無くても登れるよね?」片手のみ杖を使い頼るので、どうしてもよろしくない姿勢・体勢で歩くことになっている様だ。
途中水分補給で立ち止まった際に、思い切って杖をリュック内に仕舞った。
うん!歩ける、登れる。大丈夫だ。山でのルールなんかも教わりながら歩く。
「まだ続くの〜!?」の長い登りだけど…
本日下ろし立てのトレイルランニングシューズの成果か?滑る感じがしないし軽いし楽だわ
そして同様に下ろし立てのストレッチパンツもジーンズとは比較にならないほど楽
スリムジーンズみたいに裾が邪魔にならなければもっと良いのだけど…
なるほど、だから皆さま昔の脚絆みたいなのつけているのね
踏んだ笹の跳ね返りがパンツ裾にひっかかり、つんのめりそうになって必要性を感じた。
KIMG1184.JPG  KIMG1181.JPG
ベンチのある休憩地点での景色〜
本日は最近キャンプでも凝ってる冷凍フルーツをタッパーに入れて保冷剤に包み爪楊枝と一緒に持参した。
果物を一口サイズに切って冷凍させただけなんですけど、真夏のキャンプでも美味しかったのです。
汗だくになるトレッキングならもっと美味しく感じるはずの期待通りでした。
今回のフルーツは桃とスイカとメロンの三種で少し贅沢水分と甘味が欲しくなる山歩きにはピッタリでした。
勿論、前回の円山で人の物でも食べたいと思った“一口サイズの餡入り餅”も前日に探して買い求めておきましたよん。
フローズンフルーツ写真。。。いつも忘れてしまいます
KIMG1185.JPG  KIMG1186.JPG
汗だくになりながら、せっかく登ってきたのに降りました。
(当たり前のことなんですけどねっ)
KIMG1188.JPG  KIMG1187.JPG
下りは“あっ”という間だった気が
KIMG1189.JPGそしてまた、もうひと山登るのですね。
そんな5.5キロのコースが
小樽海岸自然探勝路 赤岩オタモイ線歩道です。
そして
←写真は白龍神社前のお地蔵様
この先の登り、しばらくお地蔵様が点々と続きます。
ちょっと円山の八十八か所地蔵様みたいですね(笑)
後から調べたら近くに二か所も鳥居があったりした様です。
ここがちょっとソロじゃない不便さなんですね…
一人でウロウロできる実力つけますっ!
二つ目の下赤岩山の登りはだいぶナダラカでしたが、こちらはこちらで又良いのです。
海が見えます。
KIMG1192.JPG  KIMG1193.JPG
と言うより、稜線に沿って歩くエリアで左手がずっと海岸、しかも岩稜地帯。
道内屈指のクライミングエリアというだけあって、女性が練習してました!
KIMG1196.JPG  KIMG1197.JPG
見てるだけで下腹がキュゥ〜ぅてなります。
KIMG1205.JPG少し行くと柵の向こう側に突き出た岩が平らになっている見晴らし良さげな岩がありました。
高所恐怖症のshinは柵を超えるくらいが限界で、更にその岩によじ登って〜なんて不可能です。
第一に断崖絶壁になってる岩から見る価値って、下をのぞき込むことにこそ有り!でしょ!?
無理無理〜
一応、岩の下で皆様と一緒に記念写真は撮りましたけど…
多分顔が引きつっていたでしょう
少し向こうに集合地点であり到着地のホテルが見えましたので、もう少し下って行くだけの様です。
ラストは小走りで駆け下りてみました。 まだまだ体力は残っていて元気です
楽しい道でした〜
KIMG1209.JPG   KIMG1210.JPG
そして、いいお湯でした〜
KIMG1212.JPG←開閉できる窓付きの半露天風呂から見える景色です。
温泉は私と同行女子の二人の貸し切り状態だったので、
写真撮影しちゃいました。
好みの少しぬるめのお湯です。
サウナもあります。
もしかして…
おばけさんも居たかもしれません(爆)
ちょっと不思議な事があったものですから…(汗)
あれっ?変よね?って同行女子と二人で確認して、そそくさと上がりました。
それ以上は怖くて言えません

皆でお蕎麦でも食べて帰宅しましょうとロビーで打ち合わせたのですけど…
車の台数が多いと駐車場に苦労します。
結局、駐車場が大きい某うどん屋さんでランチ解散になりました。

汗だくになるほど歩くと肉体が喜んでいるのを実感します。
翌日はアチコチ筋肉痛ですが、身体が満足しています、心も満足しています。

冬も。。。スノーシュー買って歩こうかなぁ〜と。。。漠然と思ったりしています。



posted by shin at 23:59| Comment(2) | 2017お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

『 間道 』

『 間道 見世物とテキヤの領域 』  坂入 尚文 著
KIMG1169.JPG
ノンフィクションでした。
そして舞台が、ほぼほぼ北海道です。
私も旅して歩いた知った町名、知った地域のオンパレード。

人生は旅に例えられる事が多く、
そういう私のこのBLOGタイトルも“旅路の途中”と、
まさしく人生の、日々のあれこれを
旅に例えているわけですけど(笑)

著者は、全く逆バージョンで
「旅こそが人生だ」と語っているわけです。
それは「人生は旅の様だ」と似て異なる物どころか、
全く全く違って、一気に激しく鮮やかになってしまうわけで…
全国を旅して歩きたいから見世物屋になり、テキヤになり。
桜前線を追いかけて旅をするライダーがいましたが…
食いぶち稼ぎながら旅ができる!だからテキヤがいい!って…
凄い発想よねぇ〜大胆だし!超自由!

ノンフィクションなので思い浮かび重なる
中島公園でのバイクショーやお化け屋敷。
「中国から来た跳ね女」や「ろくろ首女に蛇女」。
父が乱闘騒ぎ起こして警察に連れて行かれたスマートボールゲーム。
「お父さん、またボーナス無くなる〜」と泣き叫ぶshinの母。
ピンクや水色の可愛いひよこが普通のにわとりになった事。
中学生のグループデートみたいな感じで行った神宮祭の中島公園。
一方でその祭りの出店を手伝ってる、やんちゃな同級生。

本を読みながら事細かに、あれやこれや鮮明に昔のお祭り会場を思い出せるのは、この本の描写が美術的視点で細やかだからなのかしらん?
さすが東京芸大彫刻科〜って感じで。

ちょっと読むのに時間がかかりました。
得意の斜め読みができない種類の図書でした。
難しいというわけではなく
引き込まれないというわけでもなく(引き込まれます!)
どう言っていいのか…
多分、文字を読んでる時間より、読んだことによって頭の中に描いた情景を味わっている時間が長いのだと思います。
小説家が書いた文章ではなく
美術家が描いた文章というか。
おまけに自分の札幌祭りの思い出が次々浮かぶので(笑)


一つ長年の勘違いに気づいた。
中学生の時だったかな?
旭川の丁子屋一家の事がクラスでヒソヒソ話題になってたの…繋がってる同級生がいたから…
当時から今の今まで、有名な丁子屋さんはヤクザ屋さんだと思ってた。
有名なテキヤさん一家だったのね。今回、この本を読んで初めて勘違いに気づいた。


著者曰く
。。。間道。。。
閑道とも。わき道、抜け道、隠れ道、裏街道。
地図にない間道はずっと昔からあった。
と、巻末に。

著者のテキヤ旅はまだ続いているらしい。。。



posted by shin at 00:34| Comment(2) | ★活字中毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

婆記念日

まるで実感無し。。。

20170825193333.jpg  20170825193407.jpg

佳代と申します


posted by shin at 12:35| Comment(6) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

珍しい休日の過ごし方をした

一日中街中で過ごしました。
所用で一足先に出た息子達を追いかける形でのお出かけです。
昨夜は長男嫁の御両親が街中ホテルに宿泊だったので、昼食をご一緒して再会します。

持ち帰って頂く手土産を三越地下で選び…
重くて迷惑かなぁ〜と迷ったのですけど…
日本酒好きなお父様には北海道限定の日本酒を、
赤ワイン好きなお母様には思い出の富良野ワインを選んでしまいました。
お会いしたお二人は、身の回り品以外全ての荷物をホテルから宅急便で送った後らしく実に身軽なご様子で…
やっぱりお持ち帰り頂く手土産を選ぶ時の配慮が欠けていたと反省。

大通りにある松尾ジンギスカンに12時待ち合わせ。
ジンギスカンにはビールです。
昼間からビールです。
二時間びっしりビールです

束の間の再会の宴の後、札幌駅までお見送りをして14時半、shinは一人になりました。
本日は知人との初酒の会が札幌駅直結の『 花ごころ 』にて18時半より予定してました。
4時間の空き時間。
今読んでいる少々難しい本をしっかり読む時間にあてよう!と考えていたのですけど…
自宅に忘れて来ちゃいました
なので読み易そうな本を本屋さんで物色。平積みされていた伊集院静さんの本にしました。
故 夏目雅子さんを新婚時代に亡くしている伊集院さんが思う『さよならの力』に興味が湧きました。
KIMG1167.JPG   KIMG1168.JPG
ついでにモンベルショップもブラブラして。。。
夏向きの薄手の山用パンツをGET
物欲無い人だったはずなんですけど…
そう自負していたつもりなんですけど…
なんだか今年のshinは、ちょっと変ですねぇ〜
そういえば…一日三個の断捨離物も、いつのまにか止まってしまってます。

陽だまりのベンチや喫茶店と場所を変えながらも、のんびり読書。
4時間の空白って厳しいかなぁ〜?とも思っていたのですけど、案外いい時になりました。

20170819_183910437.jpg今夜の一次会会場『花ごころ』って、
生ビール付きの二時間飲み放題が500円なんですけど!
凄くないですか?
流石に、過去最安値です。
日本酒も“福司”とかもありましたので(笑)頂いちゃいました。
前から一度、一緒に飲んでみたい!と思っていた方とご一緒でした。
なんだか不思議な方で…
日本酒好きなのは聞いていたので、ご一緒したら、その不思議ヴェールが少しか薄くなるかな?と思ったのですけど全然で(笑)
私も随分自由人評価をされる事が多いですけど…
そんな私から見てても、なんとも自由で不思議でヒョウヒョウとしている風に映る女性なんですね。
男性でも女性でも、魅力的な人と出会う事が出来るのは嬉しいです



posted by shin at 23:59| Comment(0) | ☆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

こあっちぃ〜

16日夜から長男夫婦が札幌入りしてます
元夫の母の七回忌法要で親族一同が集まった様なのです。
元夫は日本中に散らばっている長男・次男の従妹達や叔父叔母達が集まるこの機会に!と思ったらしく…
昨年・今年と結婚した長男・次男のお披露目の席を、
法要の前日(昨日ですね)、
定山渓温泉一泊にて開催した様です。

離婚した私は、元夫の親族集まりには関係ないのですけど…
長男嫁の御両親まで滋賀からご足労頂いてますので…
会前後の隙間時間での対応にバタバタとしてます。
色々あります。ありありです。ホント別れて良かったの実感。。。
明日。。。皆を送り出したら。。。飲みに行くぞぉ〜〜〜

タイトルの『 こあっちぃ〜 』は。。。
KIMG1165.JPG
17日の朝
千歳に嫁両親を迎えに行く前
朝5時半起きで長男夫婦が滝野へ墓参りに行ってくれて
お供えして持ち帰った菓子だと思われます。
確認してませんけど、仕事を終えて帰宅したら、
居間食卓の上に、
持たせた墓参りセットと一緒にありましたので。

孫である長男が、じいちゃんの墓前に選んだ供え物…
じいちゃんである私の父は、大酒のみです。
甘い物も飴を舐める程度でした。
コアラのマーチは
長男が大好きな菓子でした。
私はほとんど、この手の菓子類は子供に買い与える事はない厳しい母だったので、
じいちゃんやばあちゃんが買ってくれるのを、とても喜んでました。
五十半ばで定年退職を迎えた父、その頃まだ現役で職を持っていた母。
私の三度に渡る、その頃の入院時、長男の面倒を見てくれたのは父なんですね。

長男が爺の墓前に供えた物がビールや日本酒じゃなく
コアラのマーチ(口足らずの幼い長男は “こあっち” と言ってました)だった事実。
長男を預かってもらっていた時の、私の知らない二人の時間。

入院している母が側に居ない寂しい幼子!
自分の子供のオムツを変えた事すらなかったのに、
孫の世話を引き受けざる得なかった爺の不安!

私の長男と、亡くなった私の父の間にある二人の絆の証なんだなぁ〜と。。。
ちょいと胸が熱くなったのを
記録しておきたいと思います








posted by shin at 17:42| Comment(5) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

焚き火の木っ端

昨夜、突然ひらめいた!!!
なんで今まで思いつかなかったんだろう!!!
灯台下暗し!!!
早速、工務店やってる幼馴染にメールした。
「 キャンプで焚き火にする木っ端が欲しい! 明日、作業所に貰いに行きた〜い 」
とりあえずオリコン一杯分だけ貰ってきました。焚き火にするなら一か月くらい干した方がいいとの事。
KIMG1163.JPG  KIMG1154.JPG
工務店作業場に着いた時、作業場の煙突から煙が出てたのですね。何?何?どうしたの?
ついでに昨日自宅で孫達としたBBQのゴミを作業場に持って来て焼却してる最中だと
KIMG1155.JPGこのドラム缶を横にしたストーブです。
ただドラム缶を切っただけではなく、
中は二重構造になってました!素晴らしい!

広い作業場で冬場は寒く、おまけにゴミとして廃材が多量に出ると!
誰だって利用を考えちゃいますよねぇ〜。

この頑丈そうなストーブですが20000円の友人価格ですと。
実は刑務官というか、
刑務所服役者が製作する木工だったり鉄骨だったりの作品製作に携る仕事をしている友人がいるのですけど、
オーダー品も可能なのですよ
いいわねぇ〜いいわねぇ〜
バイク小屋で使える三分の一くらいの大きさで、
ピッザ窯にも炭BBQにもコトコト煮物にも対応可能な感じのが欲しいなぁ〜
近々、設計打ち合わせで飲まなきゃねっ
体調崩してるらしいので…早く元気になって復帰してほしいわっ

折角、私達の育った地元近くまで出てきましたので、一緒に地元にあるラーメン屋さんに行きました。
平岸環状線にある田所商店です。ラーメン屋さんは一人ではまず行かないです。
年々、サラリ系になってますが、今日はお付き合いで
KIMG1157.JPG   20170814_112629944.jpg
今日は “炙りチャーシューが一枚サービスの日” だそうですが、それは遠慮しました。
ラーメンだけでも重いのに肉まではチョ〜ット…と思ったのでお断りしちゃったんですけど…失敗です。
後で聞いたら巷では、ここの炙りチャーシューの評価だけは総じて高いそうじゃないですか!失敗です。

味噌ラーメンしかありません。 三種類の味噌のラーメンです。
北海道味噌と、信州味噌と、もう一つ何?九州だったかな?

一口目で 「しょっぱい!」と思ったんですけど…
頑張ったんですけど、汁を全て飲み尽くすのは無理だったんですけど…

後から思います。
あれ? 意外に優しいラーメンだったかも? と。

ラーメン食べた後って暫く喉が渇いて水ばかり飲んじゃうのが普通ですけど…
けっこうしょっぱくて塩分多い気がしたのですけど…
店を出てからは全然、お水飲みたいとか思わなかったよなぁ〜って。

ラーメン食べた後って舌先が一日中ピリピリしてる事が多いのですけど…
全ての店でないですけど、化学調味料多い店だと翌日までピリピリしてますよねっ。
けっこう濃い味でしたけど、全然舌先ピリピリしないよなぁ〜って。

そしてラーメン食べた後の……トイレですが…(爆)
たいてい色素が濃くなる気がするのですけど(爆)
ここのラーメン食べた後のオ〇ッコの色は、変化なし!です(笑)

あんがい体に優しいラーメンだったのかしれないなぁと
チョッとだけ思います

でも…北海道味噌味のトッピング、フライドポテトは要らないと思うなぁ〜

この後ちょっとした用事があるのですが、アポまでの時間が帰宅出直しには中途半端になったので時間つぶしにお付き合いさせました。
先日円山登山した話から、「じゃあ別角度から円山見る?」で、幌見峠頂上へ。
以前は巣箱みたいな木の箱に入れていた車両入場料500円が、いつの間にか立派な自動バー式に変わってましたよぉ〜
KIMG1159.JPG   KIMG1160.JPG
先日みた円山頂上からは海って見えなかったと思うのだけど、今日は全てがハッキリ・クッキリ見える!
これはね、多分、円山頂上は崖っぷちの足場で恐ろしいかったけど、
ここはなだらかなのでね、じっくり見ていられるからかなっ、いいね、いい感じですっ
円山って、ホントに丸いし、三角山はホントに三角だわっ 
ラベンダーはもうすっかり終わって、全て刈り取られていた後でした。
なんでも今年のラベンダーは、いまいち色に鮮やかさがかけたとか。
それは富良野も同じだった様で、ちょっとした気候の違いが植物に与える影響っておっきぃのねぇ〜
太陽って、ホント、偉大っ!

お盆休暇も今日で終わりだけど、
隣家に伸びてる庭木のカットや、先日使ったBBQ小屋や道具の片付け手入れ、あれやこれや気になっていた事が全て片付いた上に、
来月以降のキャンプに備えて焚き火用木っ端も思いつきで手に入れられたし、もし上手く燃えてくれたら今後はずーっと貰えるしっ
ちょっと家事労働頑張り過ぎて、腰がまたまたギクッってなっちゃったけど(爆)まぁまぁ毎度の事でなんとかなるから、
概ね満足できる休暇の終了〜

健康で働ける事に感謝して、お仕事生活に戻りまっす






posted by shin at 22:53| Comment(8) | ☆出先で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

とりあえず靴

お盆休みはおとなしく過ごしております。
例年はお坊さんが自宅に来てくれる日にちが盆休み前日とかだったのですけど、
今年は12日の午前中とど真ん中指定されまして…
仕方ないかなぁ〜と、旅に出られない理由を自分に言い聞かせてみました。

何処へ行っても混雑してるだよ
四輪で渋滞にはまるのは勘弁マークで
キャンプは虫の少ない9月に入ってから沢山行けば
キャンプ道具の手入れやBBQ小屋の使用後掃除もしてないよねぇ〜
最近かなり疲れが溜まっていると思うよ
盆休終了の週後半にびっしり接待行事溜まってるじゃん
来客泊める準備もできてないでしょっ
ここでしか休息とれないと思うね
天気予報かなり悪いよぉ〜

と、言い聞かせに成功して、私にしては珍しく、ゆったり目に過ごしてます

KIMG1151.JPG現在までの外出は滝野への墓参りと
11日から始まった秀岳荘のバーゲンセール。
山を走る為に作られてるトレイルランニングシューズ。

コロダッチオーバルは型落ち時期と重なってバーゲン前から値引きされていたらしく、前日チェックしに行った時には残一個だったのです。
他のSPダッチはけっこうな在庫持っていたのですけどね…
前日に買えば良かったと後悔。
のんびりと11日の正午頃行った時には、もう無かったです…バカだっ私っ(泣)
これでダッチ料理は又、当分遠のきました

山用シューズは悩みました。
超初心者ですし、山靴の必要とされる役割・機能自体も分ってない状態ですから。
日傘射しながらスイスイ登って行く経験者の『 きっと靴が違えば、もっと楽に登れたわよ 』の囁きを胸に秘め(笑)
とにかく履いてみて、
店内歩いてみて、
自分の足にしっくりくる物に決めました。
直観のみですっ
登山靴=足首までがっしりしていて重いブーツみたいな靴!のイメージだったのですけど…
そんな「ザイルを切れぇ〜」みたいな山に登る可能性はゼロなので、トレラン選択。

近々これで藻岩を歩いて参ります。
藻岩を70分で登れたなら1000M級の山は大丈夫行けますよ〜との事でしたので、
ちょっと時計を計りながらの山歩きをしてみようと思います。

仲間に加えていただいた山仲間にホンの少しだけ年上女性がいらっしゃるのですけど、
『 夢は80歳になった時、まだ藻岩あたりを自力で歩いている事なのぉ〜 』と、
おしゃべりしながら先日の円山を歩きました。
80歳と言えば、我が家の母が二年前我が家で暮らす様になった時の年令です。
そのころ一度だけ母の散歩に一緒について行ったことがあるのですけど、このへんの住宅地の勾配や階段でも休み休みでしたので…母には無理ですね。
母も元気な方だとは思うのですけど…70歳過ぎた頃から急激に変わった気がします。

リターンライダーになった45歳前後の頃
『 還暦祝いで真っ赤なライダージャケットプレゼントしてね 』ってライダー仲間におねだり話してました。
『 多分最後はカブに落ち着き、それでもきっと80歳でも乗っていると思うわっ 』ってね。
思っていたのですけど…
自分自身の予想よりはるかに早く限界を感じてしまってました。
いえ今でも多分一日100キロやそこらなら乗れる体力あると思いますけど…
100キロスタート前、札幌市内から出るまでに疲れてしまうのですね(スクーターという手もありますけど・未練?・爆)

長生きしたいとは、これっぽっちも思わないけど…
生きている間は元気でいたいと(笑)
楽しく過ごしていたいと思うのです。


秀岳荘の店内歩行
履いた靴の中で一番
この靴が横滑りなく
ホールド感も私には丁度いい感じで
しっくりいった靴でした



posted by shin at 16:03| Comment(8) | ☆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月09日

小さな喜び、こんなこと

庭に根付いて
KIMG1121_01.JPG
花まで咲いてくれました。
過去に2度3度買って来て植えたことあるのですが、うまく根付いてくれたことがなかったので、
我が家の庭土壌とバラは相性が悪いと思っていたのですけど…
初めての成功で
多分、ここまでいったら越冬も大丈夫なはず
母の日効果か、薔薇下に眠る小次郎効果か




posted by shin at 21:54| Comment(2) | ☆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

『 火花 』

説明いらない、著 又吉直樹の 『 火花 』です。
KIMG1058.JPG他の本と同様に昨年のG・Wにまとめて10冊(限界冊数)予約したうちの一冊ですが、比較的早く順番回って来ました。
市内図書館に合わせて91冊あるからです(爆)

話は花火大会の花火から始まります。
そしてラストも花火大会の花火で終わります。
なのに題名は 『 火花 』 です。
そこから、もうすでに、又吉直樹という人の真意を探りたくなってしまうのですが…

そうなんですよねぇ〜
通常、小説を読む時、登場人物に感情移入して読み進んでしまうのですけど…
どうしても
どうしても、それ以前に著者 芸人又吉直樹が何を伝えたいのか?とか
ここでこのユーモラスな表現は芸人ならではだとか
こんな発想で物を見てるなんて、又吉さんは底なしに優しい人なんだろうなぁ〜とか
小説の向こう側にある著者の思考回路・心の構造が気になってしまうのですね。
折角素晴らしい作品を完成させても、それじゃ可哀想な気もします。

著者は太宰治作品に傾倒し影響を受けたと自ら語っているのをTV番組で見たことありますが…
芥川賞受賞。。。うん!
どちらかというと太宰治よりも、芥川龍之介の方が近い気がするのは私だけでしょうか?
あたたかさ
ユーモア
せつなさ
最近の話題本に多いドラマチックな展開で話を進めていくことなく
淡々と、
でも
その淡々とした日常の中で心が揺れる、その心情的な揺れ幅部分を丁寧に大切に表現してますよね。
太宰じゃないでしょぉ〜
芥川龍之介だよねぇ〜
と思うのだけど。。。

とても読み易く、とても面白かったです。



posted by shin at 22:03| Comment(0) | ★活字中毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

円山

どうやら。。。はまってしまう予感。。。
KIMG1142 - コピー.JPG
地下鉄に乗って行けるので、行きやすいです
KIMG1124_06.JPG  KIMG1125 - コピー.JPG
今日も朝から陽射しが強く、地下鉄降りて登山口まで行くだけで汗ばみました。
KIMG1127.JPG小さい子供も沢山登ってましたけど、
結構急な斜面だったと思いますから、
偉いです、ちびっこたち。
登山道入り口は二か所あるようです。
動物園側入り口と、八十八か所大師堂側入り口。
動物園側登りルートの方が傾斜は緩やかな様ですが、
八十八か所側ルートから頑張りました。

登山口に一番と彫られているお地蔵様があり、
頂上手前の八十八番まで順番に番号が彫られているお地蔵様があるので、とても励みになります。
KIMG1130.JPG   KIMG1132 - コピー.JPG
こんな場所があったなんて、全然知らない市民です(笑)
KIMG1133 - コピー.JPG   KIMG1134 - コピー.JPG
             登り始めは大師堂脇の階段からでした。
KIMG1135 - コピー.JPG   KIMG1136 - コピー.JPG
「地下鉄乗るしなぁ…ちょいとオシャレなウォーキングシューズで大丈夫じゃないかしら?」と思ったのですけど…
慎重になってトレッキングシューズで行って良かったです。結構な勾配でした。
八十八か所中、四十四か所目のお地蔵様です。やっと真ん中まで来たぁ〜
KIMG1141 - コピー.JPG
KIMG1139 - コピー.JPGKIMG1138 - コピー.JPG
途中、すっごい木の根株に座らせて頂いて休みましたが、バチの当たりそうな木のオーラでした。
KIMG1140.JPG←この折り畳み杖、
ず〜〜〜っと前に私が母にプレゼントした散歩用の杖です。
見栄っ張りな母は全く使いません(笑)
なので私が借りて来ました。
初めて会う方は、私が足か膝の悪い人だと思われた様です(爆)
でも違います。
登山用ステッキの代替え品です。
ちょっと恥ずかしいですけど
体裁より実をとりますっ

登りはまあまあ使えますが、
下りは短すぎて頼れません(笑)


KIMG1145 - コピー.JPG  KIMG1144 - コピー.JPG
頂上数歩手前には山の神様石碑がでーーーんと。 そして頂上から見える札幌の街。
地平線まで続く街並みは、やっぱり札幌は都会なんだなぁ〜と。。。
高所恐怖症のわたくしは頑張って写真を撮ったら即効、後ずさり

勾配は結構急でしたが距離はないのでさささっ〜と下ってランチ行きました。
円山にある 『 手打ち蕎麦 さくら庵 』さん
KIMG1148 - コピー.JPG   20170806_122423233 - コピー.jpg
暑い夏は毎度迷わず“冷やし狸”、別名“ぶっかけ”というやつですね。
たいへん美味しく頂きました。
ご一緒して下さったコミュの皆さん、本当にありがとうございました。


今週末も遊んだなぁ〜

実はですね
先月の母の定期健診の時、癌マーカーの数値がちょっと?だったので
1日の日に有給を取って、怪しいところの細かい検査をしに行ったのですね。
やはり肺に転移していたのですけど…それは小さく・小さく。
放射線治療は体力的に難しいだろうとの事で、
年令も年令ですし一応、とりあえずは手術はしないで共存してみる方向で私と弟と母と三人で決めました。
癌に関係なく、いずれは介護等で大変になるのだよなぁ〜と実感した次第でして…
まだ母が元気なうちに、
私が沢山遊ぼう!と思いました。
おかしい発想ですかね?
でも、そう思ったのです。
母が元気なうちに、私が目いっぱい遊んでおこ〜と!



posted by shin at 21:21| Comment(2) | 2017お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

BBQ小屋4回目

昨年のBBQ小屋計画段階から
KIMG1122_01.JPG「来年は毎週でもやろうかっ」
「毎週でも呼んで下さいね」
なんて会話していた人たちなのに、
なんか、こんなに後の4回目開催時になってしまった。

塩ムスビ作ったり
野菜切ったり
椅子並べたり
冷蔵庫の麦酒をクーラーバックに移動したり
準備万端整えて、炭をおこしながら
「早く来てくれないかなぁ〜 ( *´艸`)」
「待ちきれないから飲んで待ってよ〜っと (^^♪」
「今日のメンバーなら、どんな話題で盛り上がるんだろう (゚∇^*) 」
そんな時間が、大好きですね。

もしかしたら
皆来てくれてワイワイ楽しくやってる時間より
なんか、ひとりぼっちだけど楽しい時かもしれないと…思う。


本日は
滋賀の嫁様実家から送られた近江牛があったのですっ
脂が甘いって、こういう事なんだぁ〜と
でも続けて沢山、いくらでも食べられるという肉ではありませんでした。

そして貝好きの集まりですから、貝祭りです
牡蠣・ホタテ・ツブ
大量の小ツブはアヒージョにっ

ぶりカマ
旭川の友人が刺して持たせてくれたヒナガワ
友人の長万部在住パートナーが買って来てくれた地元有名なホルモン
友人の畑で採れたニンニクホイル焼き〜
等々、美味しいって、幸せだっ

なによりね
泡ですが
今年頂いた、お中元。
麦酒が集中しました。
嬉しい限りです(笑)
前日から冷蔵庫一杯に冷やして皆で頂いても、まだ納戸の中には頂き物のビールがあるのです。
第三のビール風飲み物だった私の晩酌は
当分の間、本物ビールの喜びです




posted by shin at 13:00| Comment(0) | ☆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

気になる車シリーズW

なぁ〜んでぇ〜〜〜?と素人の私は思うけど。
KIMG1071.JPGだって後ろタイヤの上側
こんな塗装に錆びなんてなかったしっ!
でも
多分
こんな錆びた状態のまま上から塗装してただけだったのかな?って
きっときっと、ごまかされずに、下の状態が分かってたのね。
きっときっと、一度塗装を剥がしたのかな?
一見、ボロくなったり、なおしたり、またまたボロくなったりしながら…
完成した時って、どんなかしらん?
やっぱり目が離せませ〜ん

お兄さん、〜〜〜


ところで
この車って
元々はいつ頃の何処の何って車なんざんしょ?
うとい私は全く知りません


posted by shin at 20:01| Comment(6) | ☆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする