2016年06月12日

癌保険を考えてみた

一輪挿しに咲く、こんな少しの花でも、かなり強く芳香してます。
KIMG0010.JPG
梅花(バイカ)ウズキという木の花です。

KIMG0011.JPG茂る様に庭で咲いているのを少し切って家内に持ち込みました。
梅の香りというより、梅ガムの香りです。
梅仁丹の香りです。
あれ?
梅ガムや梅仁丹って、今でも売っているのかしら?
カサブランカなみに芳香します。
部屋にとってもいい香りが漂ってます。
白石区南郷通りの中央分離帯にも垣根の様に、ず〜っと植えられていますが、
見通しを考えてなのか?
花が咲く前に新芽が刈られてます。
可哀想ですし、勿体ないです。




。。。私は癌保険に入っていません。。。
posted by shin at 19:31| Comment(4) | ☆日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月08日

母の手術

本日はAM9時から、母の大腸癌の手術だった。。。
便秘で救急車で運ばれたことが発端となり、
手術可能な段階の癌を見つけることができたのだからラッキーだった。

予定では内視鏡を使った腹腔鏡手術のはずだったのだけれど、
癌細胞が腸壁外側まで到達していて…
途中で開腹手術に変更したので、母が手術室から出てきたのは15時を過ぎていた。

術後、切除した物を見ながら説明を受けたのだけれど…
しばらくホルモンは食べられそうもない(爆)

医師は
「 なかなか質の悪い奴でしたね 」 とおっしゃったが…
色といい(ゴメン)
大きさといい(ゴメン)
ひきつり具合といい(ゴメン)
あれやこれや
あの程度でステージVの質の悪い奴だと言うのなら
あの小次郎の
毛むくじゃらの皮膚をも突き破り穴をあけ
外からでもはっきりと見ることができた真っ黒い癌細胞は
宇宙級の悪い奴だったんだ!!!
と、
そんな奴と戦って、あそこまで生きていてくれたんだなぁ〜と
ホンとに小次郎は、すっごく頑張ってくれていたんだなぁ〜と
思い出して泣きそうになった。

母の術後説明を受けながら、小次郎に思いが飛んでいるshinは
本当に
母に
冷たい
と、思う。


手術前に貴重品などを入れておくロッカーの鍵を預かっていた。
貴重品と言っても、
お友達とおしゃべり三昧するための携帯電話と
一階のコンビニで大好きなおやつをこっそり買いできる程度のお金しか入ってない。
まぁ、母にとっては、どちらもかなり大事なことではあると思うけど。
危なく、預かったまま帰宅するところだった。
帰り際に母が 「 鍵ぃ〜 」と小さな声で言ったので、持ち帰らずすんだ。
が。。。
ちょっと待ってよ。。。!?!?!?
今の今まで
病室外廊下まで聞こえる様な声で「 うっ〜〜〜うっ〜〜〜 」 って唸り声上げてたよね?
まだしっかり麻酔が覚めてないんだなぁ〜って感じでわけわかんないこと言ってたよね?
相変わらずの母でした。。。



posted by shin at 19:15| Comment(6) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする