2014年12月22日

薄っぺらじゃなくなってた27歳

久しぶりのBLOGでして。
生きてますよ〜みたいな、とりあえずの生死確認記事で・・・

今月半ばから、仙台勤務だった次男が転勤で帰ってまいりました。
今朝は、方向と時間的にタイミングが合い、助手席に次男を乗せての出勤でした。
フロントバイザーに、先日購入した年末ジャンボ宝くじが刺さってまして。
『 7億当たったらどうする? 』 で、
世界一周旅行は行くよね?・仕事はやめる?等々、一通り極々よくある、誰とでもする差しさわりのない楽しみいっぱいの夢話を。

そして少しの沈黙の後

『 でも・・・』
『 虚しくなるかもね・・・ 』
『 今までの努力とか、我慢してきたこととか、いったい何だったの? って、苦労や経験が無意味に感じてさぁ 』

ん〜〜〜〜母、負けた!!!
shinはそんな風に掘り下げて想像したことは一度もなかったかもっあせあせ(飛び散る汗)
『 そうだねぇ〜確かに! 自殺したくなるほど虚しいかも〜』 って、同調いたしましたダッシュ(走り出すさま)

お洒落することと、音楽と女の子にしか興味ない薄っぺらな若者と思ってたけど、
いつのまにか、人としてちゃんと成長しようとする人になってたんだなぁ〜と頼もしく思えた。
朝から、いい一日のスタートをきれたのでした。
負け〜て嬉しいハナイチモンメるんるんって唄あったよねわーい(嬉しい顔)


そんな本日は、冬至と新月が重なる貴重な日とのこと。
かぼちゃ食べて、柚子風呂入って、
回りが皆、健康で、平和で、満ちていて、
shin自身も、無理のない仕事・日常・想いと、幸せであることを噛締めて感謝したいと思うこの頃でございます。



posted by shin at 22:56| Comment(2) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする