2008年10月29日

吐き出すから

昨日は帰宅がおそくなり、買い物にも行けず、
御飯も沢山あまっていたのでオムライスにした。

で、味噌汁よりスープの方がいいよなぁ〜と、冷蔵庫検索。

みじん切りの玉葱を すりおろしのニンニクと 炒めた
かぼちゃが 3/1くらい残ってたので さいの目に切り 一緒に入れた
水と 固形コンソメと ローリエとで ぐつぐつ煮た
何か他の具を〜と、冷凍室のトマトを さいの目に切り 入れた
( トマトを冷凍すると、湯剥き無しで皮がむけるからいいのよねっ わーい(嬉しい顔) )

で。。。疲れていたのかしらね。。。
牛乳も入れてしまいました あせあせ(飛び散る汗)

で。。。やっぱり疲れていたのかしらね。。。
沸騰させてしまいました
そりゃねっ、分離しますね exclamation×2

更に言うなら 何故スープなのに、ニンニクで炒めたかしらね exclamation&question
ホント昔から、料理のセンスないのだよねぇ…もうやだ〜(悲しい顔)

マズイなんてもんじゃないっす たらーっ(汗)

ただでさへ 見慣れない物嫌いな 長男は、鍋覗いて スルー
私も 味見はしたけど。。。
朝、勿体無いけど 捨てた
今日、帰宅したら、台所近辺が まだニンニク臭いし がく〜(落胆した顔)

ホント 凄い物を 作ってしまったわ あせあせ(飛び散る汗)

写真。。。あるけど。。。
どんっ(衝撃)酔っ払いのプレゼントどんっ(衝撃)なるもの見て、自分も気持ち悪くなる方は 開かないで下さい

でわ! 勇気のある方。どうぞ〜〜〜
posted by shin at 20:53| ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | ☆主婦業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

まだ乗れそうな暖かさですが

今年は バイク保険の減額を 11月からにしてしまいました。

天気予報 唯一の 晴れマークだった 25日(土)
今期最後のツーリングも 不揃いな蕎麦麺たちるんるん

豚肉山菜そば.jpg
豚肉山菜そば

千歳から 門別まで まずは 道道10号スタートで、途中。。。全く わからない。。。がく〜(落胆した顔)
長閑な・長閑な 風景で、
老後は こんなところに 住みたいと 思いながら 走ったほど いい道だったのですがねぇ。。。
多分 一人では 二度と行けないルートと 思う がく〜(落胆した顔)

苫東地区・沙流川・厚真・二風谷ダム案内版・平取・義経峠
読んだばかりの小説 “ レラ ” の 舞台を かすめているはずなんだけど…
復習と 地図を 広げても 今もって どこを走ってたのか わからない。
日高近辺の 内陸 道道は あちこち 深いですなぁ。。。 


今期 アリス号は 3000キロ強で 幕閉じで、
前年の一ヶ月分の走りだけど、
なんか 今年は これで 又 満足なんですね。

ブッチ号が 今日、ラリージャパンの 裏方仕事の為 一週間の 旅に出た。
おやすみなさいは 来週 帰宅の ブッチ号と一緒にしましょう。

やっぱり かなりの マニアックルートぞなっ(^_^;) 
posted by shin at 11:33| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ☆2008ツーリング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

風の子レラ☆彡

今年は 本の 当り年。。。
ありえない確立で マイ・ヒットしてる
お蔭で 寝不足。。。( はまると、途中で 閉じれなくなってしまうのよねったらーっ(汗) )

風の子レラ.jpg
AKIRA 著


初版 2001年8月 


発行 青山出版社



舞台は 二風谷のあたり
ツーリングで馴染みの土地が グングン頭の中で拡がる

アイヌ民族の知恵が 盛り沢山
レラのモデルは実在してる

作者が 後書きで こう言う

『 日本人の体にはアイヌの血が4分の1も流れているのに、僕達は自分達のルーツを知らされていない。学校教育はもちろん新聞やテレビでも本当の歴史は教えてくれないし、日本でもインディアンに関する本はたくさん出てるのに、自分達のルーツであるアイヌに関する本はわずかだ。それもユーカラや昔話がほとんどで、現代のアイヌについて書かれた物は数少ない 』

作品のいたるところに 緻密な取材の痕跡を感じる描写がある。
 特にねっ
 焼き場で焼かれる死体の踊り方
 墨汁で悪戯されたランドセルを洗ったらどうなるか
 鹿の糞の味
 などなど。。。ズレテルかものshinの関心事


著者の AKIRAさんって。。。潔く、繊細で、でも大胆で、豊かで。。。広がるshinの妄想黒ハート 寝不足のせいかっダッシュ(走り出すさま)


イランカラプテ

あなたの心に

そっとふれさせてください
 の 意味ですって。。。

こんにちわの あいさつの 言葉ですって。。。

ぴかぴか(新しい)なんて素敵なあいさつでしょうぴかぴか(新しい)
posted by shin at 20:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★活字中毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月21日

憎しみの子ども☆彡

  ヴェトナム戦争後のもう一つの悲劇

又々、活字中毒カテで(^_^;)

憎しみの子ども.jpg
 キエン・グエン 著

 
 宇佐川晶子 訳

 
 初版2001年9月早川書房 発行



この夏から 東京では、ミュージカル 『 ミス・サイゴン 』 が、絶賛上演されている様だけど、shinは 見てない。
2幕目で “ 地獄で生まれたゴミクズ ”という 強烈な歌詞と共に、ブイドイの子供達の映像が写し出されると、知人から 聞いた。

現在は アメリカで 歯科医師である、筆者 キエン・グエンの自叙伝であるわけだから、きっと 筆者は まだ ましなほうなのかもしれない。
今現在も ベトナムに取り残された ブイドイたちは どうしているのかしら?

私。。。多分。。。ブイドイ達と 同世代なのよね。。。
『 無知は罪である 』 って 言ったのは どなたでしたっけ?

重たい内容であるにもかかわらず、一気に読み進められる 書籍です。
( ある意味、眠くならない 興味深い本は、寝不足で 翌日の仕事に 差し支えありますなぁ )

あまりに悲惨過ぎて 涙は 出ませんでした。
( あっ! 飼い犬が ボール代わりにされ 死んでしまう箇所だけは ボロボロですが もうやだ〜(悲しい顔) )
 
苦難の自叙伝で 男性が 書いた物って、shinにとっては これが 初めてで。
う〜〜〜ん。。。でも、あんまり 女性とは違う視点って 意識できなかったなぁ。

20年くらい前、大好きな映画 キリング・フィールドに出会って以来、ヴェトナム戦争に関する映画や本は、かなり選んでいると思うのだけど。。。
ジャーナリストや 元軍人などの視点の物が多く、一般人の視点で展開されている物も これが 初めてかもしれない。

そういう意味でも 珍しい 一読の価値あり書籍とは思う。
けど
けど
下の“ 12番目の天使 ”と違い。。。
『 チッ! 』 って、舌打ちいたくなる登場人物ばかりなのが。。。

寒いかもねっ
posted by shin at 22:37| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★活字中毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

十二番目の天使☆彡

十二番目の天使.jpg
  オグ・マンディーノ 著

  坂本貢一 訳

  初版2001年4月 求龍堂 発行 

  


ストーリーはシンプルで、とても読みやすい。

最初の方は暗〜く どんより重い感じで始まるのだけれど、読み進めるうちに、どんどん・どんどん 前向き気分をもらえる本。

読み終わる頃には、心の中に 二つの魔法の言葉が 染みわたってた。
ティモシーの口癖。

『 毎日、毎日、あらゆる面で、僕はどんどん良くなっている! 』


『 絶対、絶対、絶対、絶対、絶対、絶対、あきらめない! 』

天使のような少年 ティモシーも 勿論 素敵。
超ヘタッピで 足手まといなティモシーを 段々 受け入れ、必要な存在とする 野球チームの子供達も素敵。
色々な 苦しい事情を抱えている 回りの大人達も素敵。

この物語の中に 『 ちっ! 』 と、舌打ちしたくなる登場人物が 一人もでてこないってのが 又 素敵じゃないですか わーい(嬉しい顔)


チームの中で、自分だけが まだ一度もヒットを打った事が無いのに いつだって、一番大きな声でチームメイトに声援を送ってるティモシー。
shinなら きっと いじけてるよなぁ〜と あせあせ(飛び散る汗)
自分がチームにいなければ…とか考えて きっと すねてるよなぁ〜と あせあせ(飛び散る汗)
自分に余裕が無い時は 人を応援するほど 優しい気分でなんか いられないもんなぁ〜と

それなのに、なおかつ ティモシーは。。。
あ〜〜〜あまり あらすじには 触れるものではないですよねっ あせあせ(飛び散る汗)

HOW TO本のように 決して 押し付けがましくなく、幸せのなり方を そっと教えてもらったような気持ちです。
ありがとう ティモシー! って、感じです。

“ 読んでる最中は 涙ポロポロで、読んだ後は 爽やかな 優しい 気持ちになる ” と いう 分類では 先日読んだ 『 輝く星 』 と、同じカテゴリー分類 るんるん
posted by shin at 21:41| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★活字中毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月13日

十三夜

11日は 『 十三夜 』 だったわね。

十五夜さんは 『 芋名月 』

そして十三夜は 『 栗名月 』 とか 『 豆名月 』 とか、呼ばれてるそう。


十五夜の時は 東京で 次男と 芋を食らいましたわ
だから 十三夜は 長男の為に 豆料理と 栗料理を

PA110006.JPG

たいそうな事したみたいだけど…

PA110002.JPG

この他に 油大さじ2と 牛乳半カップを 混ぜ混ぜにして 焼いただけexclamation
当然 わたくしのする事ですもの… 手抜きよ わーい(嬉しい顔)

本当は、炊飯器でいいのよ。
でも 炊飯器の中には、これまた手抜きの 瓶詰め栗使用の 栗飯を仕掛けてあったので、仕方なく オーブンで焼いたのよ

そして。。。そして。。。わたくしは。。。
なんだか、あせあせ(飛び散る汗) まん丸じゃない お月様に 少々 がっかりしながら あせあせ(飛び散る汗)すすきのへ向かう道道、歩きながらの 十三夜月観賞でしたわ わーい(嬉しい顔)

そして。。。そして。。。わたくしは。。。
昨日一日、ひどい 二日酔いに 苦しみ
たったワイン4杯なのに たらーっ(汗)
ご一緒で迷惑かけたであろう皆様には…ごめんして下さいませ<(。_。)>

上も下も ゲロゲロの中、
何とかアルコールを 抜きたくて、
熱い湯に 三度も浸かっても 無駄 たらーっ(汗)

常日ごろ 『 私は別に ダンボール生活でも かまわないわぁ〜 』 なんてほざいていた事を 反省したわ。
だって、『 こんなに 辛い時、布団で 丸くなれてよかったわぁ〜 これが ダンボールなら絶えられない! 』 と、何故か 思いついたのよ がく〜(落胆した顔)

あまりの 吐き気と 頭痛の 苦しさに 眠る事もできず 『 死んだ方がましぃ〜 楽にさせてぇ〜 』 なんて、思いながら、二日酔いであることがわかっているから 耐えてるけど(っつーか、自業自得)

いつまで続くのかわからない、何でなのかわからない こんな苦痛が 続いたら、精神的にも 参って ホントに鬱になり 死にたくなるわよねぇ。。。と。。。

思い出したわ 二年前の 肉体の そして精神の 悲痛な 叫び。。。


なーんか 退屈な 日々だわぁ〜 なんて、
最近 友人に クダをまいていたのだけど。。。
悲痛な事が 起こらない、この毎日が 奇跡的なのだと。。。
改めて ゲロゲロの中で 感謝したわよ 爆弾


お天気の良い こんな日に
ベランダ窓から差し込む日差し
その 陽だまりで 小次郎と ゴロゴロ 日向ぼっこ
そんな日々が 過ぎていく
それでよいのだよ、と
珍しく 謙虚な気分の 二日酔い明け


地下鉄駅の変化にビックリ!!!
posted by shin at 12:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

長男の寝坊

うちの長男は、小学校&中学校通して、一回遅刻・無欠席の皆勤賞なのよ。

入学してから、選んだ事を後悔してた高校ですら、三年の三学期、単位的に卒業が決定するまでは、無遅刻・無欠勤で通学してたわ。
真面目なのよね。。。
誰に似たのかしら?
。。。お父さんね。。。

そうそう、その一回遅刻は、中学校一年生の 入学したての頃よ。
学校まで1.5キロほどあるのよね。
遅刻しない時間にちゃんと出かけたのだけど・・・
学校の玄関で、習字道具の必要な日だったのを思い出したとの事で…
忘れ物を 取りに、家まで 走って・走って 戻って来たのよ…

彼の鞄は、真面目に辞書とかも入っていたから、いつも9キロとかの重さだったわ。
それに、部活のバック、バスケットボールが二個とシューズやウエアーの入ってる、大きなバック。

『 忘れました 』 で、いいじゃない! と、思ったわ
少なくても、学校の玄関に、鞄類は置いて 身軽になって戻って来るとかさぁ〜
なんだか、固い子だなぁ〜と、かえって心配になったわよ。

私の顔見て、ボロボロ 泣いたの(爆)
小学1年じゃないわよ! 中学1年よ!(爆)

真面目なのよね。。。
。。。父親似だわ。。。


そういえば、次男は習字道具なんて持参した事なんて無いと思うわ。
学生鞄は持ってたけど…中身は“煙草”くらいしか入ってなかったと思うわ(^_^;)

。。。母親似なのよ。。。


話しが ずれてしまったわ
毎度の事だけど


今日、長男は、人生二度目の不本意な遅刻をしたのよ がく〜(落胆した顔)     
        22歳で 二度しかないって すごくないexclamation&question
     。。。やっぱり、父親ゆずりね。。。

しかも、お願いして させて頂く、病院実習の初日 exclamation×2
病院からの電話で起きたんですって 爆弾

よりによってよね。
間抜けよね。

だらしない若者と 烙印押されて 一週間 対応され続けるわ。
うふふっ。。。当然よ (≧∇≦)

人生って こういうことあるわよねぇ〜
大切な時に、普段ではありえない失敗したりとか
たった一つの失敗が 相手に 色眼鏡を かけさせることになったりとか

かわいそーな奴ぅ〜

でも成長したわね。
泣いてなかったし。
『 イヤイヤ、今日は 参ったよぉ〜 』 なんて、ニヤニヤしながら 語ってたもの。

きっと、少しづつ、母親に 似てきたのかもしれないわ。。。
それは。。。
それで。。。

かわいそーな奴ぅ〜
posted by shin at 23:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月07日

危ない言い草

いつだったかしら?
SEESAAからメールが来たのよ
『 法律違反だぞ!!!』って がく〜(落胆した顔)
著作権ねっ。。。

このBLOG開設以来、知っているよで、よく知らね〜状態で。
いや、はっきり言うと知らぬふりかっ がく〜(落胆した顔)
ずーっとね、何年かしら?


初めて、○沢○吉を使った途端だったわ。
9月の初めね。
一週間もたたないうちのメールだったわ。
さすがよね。


金持ちになる事と
BIGになる事は
全く 別物ね

あら? 私 殺されるかしら? 爆弾
口は 災いの元ですものね パンチ
わたくしの口。。。

どーしょーもないわね



ファイルは すぐに 全部はずしたけれどね。
本当は、歌詞もいけないのよね、多分。
知らないわ。
だって、凄い作業よ。



もし 或る日 突然、いきなり BLOG全体 消えてたら、
『 それなりのトコから、それなりの処置で 消去されやがったなぁ〜 』 と、
笑ってやって下さいましよ

それは それで いいわ ダッシュ(走り出すさま)
少なくても 面倒くさい作業するよりいいわ ダッシュ(走り出すさま)

どーしょうもねぇなっ
posted by shin at 23:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 未選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月03日

何の花?

ひまわり?。。。じゃないみたいっ?

CA390087.jpg

一本の茎から 沢山の花!。。。菊みたいっ!

何でしょっ?


寒くて 我慢は 止めて
今日は いよいよ FFストーブ使用しました


よくよく 我が身を振り返ったら。。。半袖でした ふらふら

でも、小次郎が 火傷するのでは?と 心配になるほど、ストーブに近づき過ぎで離れないので、消すに消せない。
可哀想に、寒過ぎたのかしら?
喋れないので わからんもんね ダッシュ(走り出すさま)
posted by shin at 20:53| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 未選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする