2006年12月31日

ノーテンファイラー(今、母に教わりました)

PC310001.JPG
実家の母が来ました。優しい年越しです。
皆様、今年一年ありがとうございました。
来年も宜しくお願い致します。

PC310003.JPG
X’MASに開けようと奮発したシャンパンMOET♪
一人で飲むには勿体無いので あせあせ(飛び散る汗) 年越しにと るんるん
なのに、なのに、、、体 壊れちゃいましたぁ〜 もうやだ〜(悲しい顔)
アルコールどころか、一切の食物が受け付けられません もうやだ〜(悲しい顔)
二日の朝までに回復しなければ、母と一緒に 小次郎共々 実家へ強制連行されます もうやだ〜(悲しい顔)
しばらく母の世話になります…
母も、ここに居っぱなしにはなれないのです。(仏様がぁ〜)
長男が一人留守番で残りますから…
おそらく、母と一緒に、行ったり来たりの生活になると思います。
まあ、元々丈夫ですから…何もせず、しっかり眠り、母の創る物 少しずつ食べていけば、三日もしたら 回復する様な気がぁ〜 わーい(嬉しい顔)

PCは 持って行けませんので、BLOG更新も 先になるかもしれません。
コメントの返事が滞ったら ごめんなさい。
飯寿司の振る舞いは…電話頂けたら戻ります がく〜(落胆した顔)

とりあえず、明日は居ますから〜(明日中に治れ〜!!!)
皆様どうか、良いお年をお迎え下さいませ。

posted by shin at 20:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 未選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

感情コントロール マイナス編1

感情コントロールが苦手です…苦手のレベルで済まない様な…
恥告白ですが、正直に。
小学校一年から六年までの通信簿の性格欄に記入された文字。
「情緒不安定」ふらふら全学年&全学期ですよ〜(>_<。)
我儘とか性格ではなく…脳細胞のレベルで「〜症候群」とか、つける病名あるのではないかと本気で思っています。

随分昔まで遡り 思い返しても 秋に集中して凹む様な…9月・10月・11月・12月は精神状態、要注意。
バイオリズム関係大有りでしょうか?
女性は ホルモン周期も 関係あると聞いてましたが、若い時は関連性に疑問でした。40過ぎて、「ある!ある!ある!」と思います。

二年程前、書き出してみた事があります。
勿論、克服目的!
まずは己を知れ!と…
どんな時に苛々するかを具体的に。
例えば「乾いてないマニュキュアに傷がついた時」とか…
どんな時に悲しいかを具体的に。
例えば「楽しみにしていたデートのキャンセル」とか…
苦しい・寂しい・悔しい・etc
マイナスの気分の状況を並べ分析・検討。
ほとんどが「自分の思い通りにならないからじゃん!」と…がく〜(落胆した顔)
そういえば長男に「お母さんは予定通りに捗らなかったり、自分の思う通りにならないと機嫌悪いね」と、優し〜く忠告された事が…ふらふら
我儘な性格で片付けてしまえばそれまでですが。
そのマイナスの気を自分の中で処理できず、でも無意識に何とかしたいと思う時、人にあたったり、意地悪な気持ちになったり、ゴリ押しで自分の思う通りにしようとしたり…
年齢を重ねれば、それなりの理屈をつける事も可能。
謙ったり、恐怖心を与える事すらも可能な、あさはかな知恵もついてます。

己の醜さを知り、気をつけるようになってからも、気がつけばやってる!やってる!
すこしは成長したかな?と思える事は、
そんな自分を、せめて自分でだけは許してあげよう。と思える様になった事くらいです。
気付いたんだから、明日は少しマシになってる。と自分を励ませる様になった事くらい。
でも、これ大事!反省して、凹んで、悔やんで、自分を責め続けていても、マイナスの気はマイナスをばら撒き、回りにまで感染させて行くだけ。
こんな無駄な使い方をするエネルギーには、自然も神様も仏様も誰もエネルギーを与え続けてくれる筈無くあせあせ(飛び散る汗)ヒタスラ疲れ果てていくだけですからどんっ(衝撃)

さて、Shinの抜け方は
posted by shin at 18:41| ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆半身Aerdanngie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

飯寿司完成

ジャジャ〜ン exclamation×2
PC290001.JPG
色々あったものだから…26日Or27日の予定だった「最後の水抜きひっくり返し一日」を忘れてしまいがく〜(落胆した顔)
慌てて 28日の朝に 作業。
そして 今朝、やっと食べてみました。
PC290002.JPG
いや〜あぁ〜 美味い exclamation×2
麹に 野菜の甘味が しみている。
大きく切り過ぎ〜と 思っていた鮭も、この太さ(1pくらい)が丁度イイ!(魚の味を しっかり 感じる事が出来る)
これは、自信作!
っと、いう訳で、早速、試食約束のmimiさんへご連絡〜♪
お褒め頂きましたよん♪
お届けする事は致しませんが…試食しに来て下さる方には喜んで振る舞いま〜す♪

思い返せば…この飯寿司を漬け込んだ頃から、Shinが壊れ始めた気がする…
飯寿司の完成と共に、立ち直った気もする(本物であります様に)
だから、この飯寿司には Shinの苦悩が沢山入ってがく〜(落胆した顔)旨いの かもかもわーい(嬉しい顔)
ずっーと、見守ってくれていたmimiさんの 愛も入っているかもね ♪

posted by shin at 16:01| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | ☆主婦業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

ピーコ

今朝「お母さん!ピーコ死んでる!」
長男の一声でした。

慌ててコンタクトレンズを入れて(庭に出るだけなら、メガネでいいと思うのですが…)スコップを持ち、裏庭に深〜い穴を掘ってくれました。

ピーコは 雄のセキセイインコですが、マル12年生きていましたので、大往生と思います。

綺麗なブルーの羽は、もうボロボロでした。

片目は潰れて、もう明かなくなっていました。

脱腸が進んで、もう自力で排泄は出来なくなっていました。
shinが引っ張り出す、完璧に要介護鳥になってから 3年は経っていたと思います。

一昨夜あたりから、止まり木によじ登れなくなっていたので、餌入れの場所を下に移したばかりでした。

4年前、小次郎が我が家に来てからは、寂しい思いをしていたかもしれません。
m(_ _)m ピーちゃん。

次男一希が小学一年生の時の、父親からの誕生日プレゼントです。
実は その一年前の幼稚園の時の誕生日も「何が良い?」と聞く父親に「鳥!」と答え…でも、その時の子は一週間も生きられずに眠ってしまい…
まさか次の年も「鳥!」と答えるとは…
ちなみに幼稚園年中の時は「亀!」でした(笑)

先日、一希の部屋の整理をしていて、小さい頃の作文集を読み返してたら…
お父さんの家に行ったら、なんと、うちと同じ鳥を飼っていた!しかも名前まで同じピーコという!」と恥ずかし〜い作文がありましたがく〜(落胆した顔)
ホトホトshinと一緒に居る事に我慢出来ない元夫が、荷物を纏めて実家に帰っていた1〜2年間があったのです。
義母が飼っていたインコの事を学校の作文に書いて…
先生は???だったでしょ〜どんっ(衝撃)
子供って、無垢な分だけ 逞しいですよね ♪

ピーちゃん 安らかに たらーっ(汗)

posted by shin at 23:47| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

うふふ♪

昨夜、東京に住む幼馴染URIチンと御主人のイン太郎さんが、shinのリクエストに応え(三日も空いてない(^_^;))
なんと、なんと、お台場の次男坊一希の職場へ行き、写真撮影してくれたぁ〜たらーっ(汗)わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)わーい(嬉しい顔)友情に感激だぁ黒ハート


夕刻「今、お台場に居るけど…一希の店の名は?」と電話で聞かれ…
「知らない!」と答えたshin…
「母親でしょ?」と、思いっきり 呆れ笑いされたけど…知らなかったんだもん…

179 WG.jpg  179 WG-1.jpg
やはり小学生時代からの幼馴染Mの店だけど…綺麗な店〜るんるん

んで、愛しの一希君は…
細いジーンズ穿いてるし、上もブカブカサイズじゃない!
shinの長男坊・貴大の好みの服じゃん!札幌に居た時はB型ラッパースタイルだったのに…

kazu061219.jpg  kao061219.jpg
右の写真で一希と一緒に写っているのが、中学生時代からの真友URIちん
写してくれた優しい御主人イン太郎さん ホントにありがとうございました。
2ヶ月半振りに観る一希の笑顔に安心しましたるんるん
posted by shin at 21:05| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ★母・娘として | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

刻む

「感動」って…
字の如く、感じて・動かされなければ、感動とは言えないと思う。
そう、その後の 考え方や生き方にまで 影響する程、動かされなければ…


少ないけど、心にしっかりと刻まれた教えが 幾つかある。

小学生の中学年頃…遅くても5年生以前
「生んでくれなんて頼んでないもん!」  (shin)
何処かで聞き噛っただけの、只の悪たれ言葉
「そうだなぁ。でも、お父さんも生まれて来る子がshinとは知らなかったから、もし相性悪くても お互い様だね」 (父さん)

幼かったけど、妙に納得したのを覚えてる。
そうか!お互い様なんだぁ!と。。。
決して良い子では無いshinでも「こんな子なら要らなかった!」とは 父は思っていない事も 理解してた。。。

更に追い討ちで
「子供は選べないけど、お母さんの事は俺が選んだ!一生合うに決まってるんだよ!」 (父さん)
幼いながらも、こんな風に言ってくれる人と 将来結婚しよう!と思ったのを覚えてる。。。

ここまでなら、イイ話なんですがねぇ〜( ̄ε ̄;)
人生色々〜♪
この十数年後、まさか父が15年間に渡り、母以外の女性を愛し続ける事になるとは…(^_^;)
そう、認知症が進行して、記憶を亡くしてしまうまで。

この世に変わっていかないものは一つも無いのではないか?と、
ゴーダマ・シッタルダの様に(笑)思い込むキッカケの一つにはなったのは確か。
熱血だけだった性質のshinには、丁度良かった教訓と思います。ハイがく〜(落胆した顔)

父といえば もう一つ。
まだ独身だった若かりし頃のshinへ、ある日突然 こう言った。
「女は皆、優しい男がイイ!と言う。優しい男は隣の女房にも優しいぞ!それで本当にイイのか?駄目だ・駄目だ!shinは『shinにだけ優しい男がイイ』と言えよ」 (父さん)

「そっかなぁ〜?」 (shin)
と流しておいたけど…
当然、先の事情により(笑)ず〜っと後日、妙に納得しましたとさッ!

本当に人生変えた一言。。。

「もっとも美しいものだけが、最も醜いものになり得る
貴女が旦那さんに どんな愛も感じていず〜略〜
それは醜い
それは売春だ
誰にそれをやっているかは問題じゃない
それは売春だ〜略〜
自分の有機体を信頼しなさい
深い悲しみの中ででも、自分の有機体の言う事をやるだけの勇気を持つことだ!〜略〜」 (バクワン)



一番最近の心に刻み込んだ一言は…
離婚ホヤホヤのshinに向って、高校時代からの男友達Mの教え(*∩∩*)
(餓鬼の頃からの友人が多いけど、意外な事に 高校時代からの同級生で今も付き合いがあるのは、このMの他、飯寿司の由っちと、もう一人の女性Yだけだなぁ〜)

「shin、間違うなよ!男は、本当に欲しいものは、何を棄てても手に入れる!全てと引き換えても 手に入れる!いいか、絶対忘れるなよ、間違うなよ!」 (親友M)

「うん、わかった。ありがとう。」 (shin)
M…確かに、Mの言う通り…やっぱり妙に納得(^_^;)。。。
でも、でもね。
もしかして、Mの言葉をshinは自分の都合の良い様に解釈しただけ?
Mはもっと、違う方向を指してた?
shin、間違って無い?

って、やっとMを登場させたよ♪このくらいじゃ不満?
Mが今を乗り越えた時に、沢山とってあるから〜頑張れ〜(^○^)
posted by shin at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆半身Aerdanngie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

飯寿司の重石

明朝、いよいよ最後の重石を乗せるexclamation×2
けど、20キロの重石って。。。

今現在は
河原にある様な 4キロの石を最初に乗せた(実家から持って来てあったのです)
次の3キロ…ブロックが2.5キロだったので 良し!として乗せた

何を どうやって 20キロ分 重ねるんだぁ〜 どんっ(衝撃)

売ってないわけではないが…お高いのよねぇ〜 あせあせ(飛び散る汗)
なんと、5キロの重石が 980円exclamation×2
一年に一度しか使わない物に しかもただの重石に 大金使う程 呆けちゃいない!!!

ひらめき KOUが10キロのダンベル欲しがってたなぁ〜 ひらめき
PC140002.JPG

で、先日 ジョイ○ル大曲店で仕事中、ご購入 わーい(嬉しい顔)
これなら 飯寿司漬け終了後も 役に立つ!
「shin 頭イイ!」って、褒めた君は、もしかして…
自分で買う程では無いけど、マジに少しは本気で欲しかったのかしらん?(笑)

PC140003.JPG

全部バラバラにしてビニールの袋に入れて錘にします るんるん
これが出来る所が 良いと思ったのです。
今後も 一つ一つの部品の重さによって、他の漬物にも 使えるしぃ〜 るんるん

でもでも、
購入前に 安くて 素晴しい物が売っている事に、気付いてた。
マンホールの蓋の様な、コンクリートの塊!

実は、迷ったのだけど…
接客してくれた、おじ様が妙に可愛らしくて(笑)

shin 「でもねぇ…こんな10キロのダンベル…私は持つのがやっとなのに…両腕でエッサコラサしたら、かえって筋肉傷めそう…」
おじ様 「何言ってる!男はこのくらい何でも無い!ホラ!ホラ!」
って、見本で出ていた15キロのダンベルを上げ下げしてみせる(笑)

なんだか、「物を売りたい」 というより、
男の自慢か、見栄張りかが、可愛らしくて わーい(嬉しい顔) ついつい乗っかってあげる事にしてしまいました。
posted by shin at 22:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆主婦業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

ちと、考えてみた(♪その時生まれたもの♪)

「その人の為に 死ねますか?」つい最近TVで耳にした質問。
shinは 割りと容易く 肯けると思った。。。わーい(嬉しい顔)
難しいのは、その逆と思う!!!

もし、「その人の為に 生きられますか?」の質問であったら…
これは、絶対無理!!!
威張って言ってるわけじゃない(笑)
これでも 一応 情けね〜奴だなぁふらふらと恥じ入ってはいる。。。

大空に輝く星よりも 小さな島の街灯り
街の灯りが美しい 美しいことを知りました
十人十色であればこそ 瞬き輝きを増す光
そこに家族が見えました そこに人々が見えました

     その時生まれたもの By BEGIN

確かに、産まれてきた子供達の為に生きていた! と 思える時期もある。
我慢も出来た。
無理も平気だった。
喜んで 全てを犠牲にした。
最初から、そうだったわけじゃない気がする。
手をかけ、心をさき、育てている年月の間に、shinの中に育った愛だと思う。

あぁ 自分の為に生きるより
あぁ 貴方の為に暮らしたいと
その時 灯りが生まれました
その時 灯りが生まれました


でもでも===それも長く見積もっても 20年がく〜(落胆した顔)
子供達の為に死ぬ事は、今でも出来るけど。。。
子供達の為に生きる事は、もう 出来ないなぁ〜ふらふら
動物は、一年かけて育てた我子が 大人になった時 マジに 突き放し 追い出すでしょ。
本能による行動だとしたら…
人間の成人式が、遅い国でも20歳くらいなのは、理に適っているかも〜
shinが本能的に、「餓鬼ん子の為には、生きられないんだぁ〜」と気付いたのは最近だから。
実際は16歳頃から、難しくなっていたと思う。
(突然、今、気付いた。実家の母は、いまだにshin達 姉弟の為に生きてる様な。。。がく〜(落胆した顔)ある意味 恐怖感を感じる。。。)

明日くるはずの幸よりも 過ぎて行く昨日の苦しみが
苦しみの方が愛おしい 愛おしいことを知りました
一期一会であればこそ 傷つきいたわりを増す心
そこに運命が聞えました そこに命が聞えました


ではでは、子供ではなく、相方に対しては???
皆は どうなんだろう?
夫婦でも恋人でも、
病気や事故で生死を彷徨ってたりしたら、きっと「変わってあげたい」と思う人が ほとんどよね
でも、相手の我儘や、身勝手を 認めるのは、なかなか難しいぞ===
ましてや、自分に対する不誠実さや、裏切りも「貴方がそうしたいなら〜」なんて言える筈なく===
かといって、人間が自分の為だけに生きていける筈も無く…それでは、あまりに、寂しく・悲しく。
shinなら 気が狂って 反対に 死んでしまうわ(笑)…

あぁ 自分の為に歌うより
あぁ 貴方の為に届けたいと
その時 唄が生まれました
その時 唄が生まれました


そう考えつめてくと。。。。。
「誰かの為に死ねますか?」より、「誰かの為に生きられますか?」が、厳しく 正しい 愛の方向性だと。。。本日、心に刻みます。

が、しかし、
shinは、今生では無理!もうやだ〜(悲しい顔)と 思われますので、
生まれ変わった 来生の修行課題として、残しておく事に致します〜
許して♪〜( ̄ε ̄;)
posted by shin at 23:20| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ☆半身Aerdanngie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする