2006年07月29日

元夫 PT (♪歩いて帰ろう♪)

走る街を見下ろして のんびり雲が泳いでく
誰にも言えない事は どうすりゃいいの?教えて

       By 斉藤和義    〜 歩いて帰ろう 〜
      歩いて帰ろう.wma ← ここクリックで曲が聴けます るんるん

20年間の結婚生活を振り返る時、何故かこの曲が頭を過ぎる♪〜( ̄ε ̄;)
離婚に至るには、片方だけが悪いなんて無いと 思うけど…
なんだか Shinの方が 相当いたらなかった気がするのは(笑)何故かなぁ〜(^_^;)
(まぁ、良い・悪いでは無いのでしょうが)

急ぐ人に操られ 右も左も同じ顔
寄り道なんかしてたら 置いてかれるよ すぐに

嘘で誤魔化して 過ごしてしまえば
頼みもしないのに 同じ様な朝が来る

         

最初のデートの時(照)
迎えに来てくれた車の 助手席に乗り込むと同時に Shinが発した最初の一言。
「あのぅ〜私、結婚したいんですぅ。だから結婚出来ない様な人とデートしてる場合じゃないんですが…大丈夫でしょうかぁ?」(爆)
「ハイ。大丈夫です。」(爆・爆・爆)

それから籍を入れるまで 一年もなかった がく〜(落胆した顔)
やはり、根本的に 傲慢この上無く Shinが 悪い ふらふら
それに、結婚相手がShinでなければ 大抵の人とは 最後まで連れ添へそうな人とも 思えるし〜


走る街を見下ろして のんびり雲が泳いでく
だから歩いて帰ろう 今日は歩いて帰ろう

嘘で誤魔化して 過ごしてしまえば
頼みもしないのに 同じ様な風が吹く


一番感謝している事。
それは 勿論 二人の男子の宝物を生み・育てさせてくれた事。
違う人と結婚したら、違う子供が生まれていて(当たり前だけど)
不出来な子供達だけど Shinは あの子達で良かったと 感謝してます。

次に感謝している事。
Shinと結婚してくれた事。
あの頃、やはりShinには結婚する必要があったと思う。
けっして、誰でも良い訳では無く、やっぱり 元夫の様な常識人と。。。
何故かは、又そのうち BLOGで歌に載せましょ(笑)

沢山 感謝している事はあるけれど…
今日、書き記したい事。それは
十数年前、初めて 元夫が 「離婚」が前提の 別居を 申し出た時の事。

なかなかイイ男でしたよん♪

きちんとShinに 「貴女を愛せない」とハッキリ 告げてくれた。
そして冷静に「貴女も俺を愛せないでしょ」と。
そして多分、
Shinにホトホト愛想が尽きていた筈の元夫には 他に大切にしたい女性が居て当然と 思えるのだけど…
元夫の 常識や世間体を とても大切にする所を 心のどこかで見下していたShinにとって、責めるよりも ちょっと見直した一幕でした (#-_-)ノ
こういう決断も出来る素敵な人なのに Shinの前では おくびにも出せなかったのだから、 やはり相性って あるのでしょう。
そう思います。 

急ぐ人に操られ 言いたい事は胸の中
寄り道なんかしてたら 置いてかれるよ いつも

走る街を見下ろして のんびり雲が泳いでく
僕は歩いて帰ろう 今日は歩いて帰ろう



この後、離婚に至らないまま、別居だけ一年強で 戻って来た元夫 がく〜(落胆した顔)
小さかった子供達と 一緒に居たかったのは 分かるけど…
Shinの中でせっかく上がった株も 下がって ガックリ(苦笑)
一度吐いた唾は飲み込めないよん 爆弾
先に延びただけの離婚に向けて Shinは せっせと 精神的な強さと 経済的な強さを 溜め込みましたとさ わーい(嬉しい顔)


走る街を見下ろして のんびり雲が泳いでく
僕は歩いて帰ろう 今日は歩いて帰ろう


最近は 息子の事で 電話に着信残しても 連絡すら無い どんっ(衝撃)
Shinは 取りあえず息子達と 一緒に住んではいるけれど…親権も 戸籍も 扶養者も 元夫にある事を 忘れてしまっているのかしらん?(笑)
きっと、充実した人生を送り始めているのだと… 
影ながら、応援してます わーい(嬉しい顔)




posted by shin at 22:48| ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ☆昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たまに、嘆かせて(真友Yっち)

昨夜、現実を見た。。。
「○○のやつ」 この言い方、Shinは 「暫くぶりに聞いた〜」と 静か〜に意地悪。
親友Yっちも、急に無口になり、押し黙ったままで景色が変わる。
Yっちも気付いたんだなぁ…と、知る。
気付かないのは 違う事で死ぬほど動揺していた 張本人だけ がく〜(落胆した顔)
Yっちの家に着き、家へ入った途端、
静か〜に 汗が 零れる たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

「Shinは 意地悪 言えるのね〜!」とYっち ふらふら
「Shinは現実振り返って考える暇が無い程、忙しかった(?)もんね〜」とYっち ふらふら
「それ…慰めになってないぞ=嫌味かぁ?=」 もうやだ〜(悲しい顔)
お腹ぺこぺこの筈のYっちに付き合う余裕も無く がく〜(落胆した顔) 自宅まで送ってもらう。
こんな時一人になりたいShinの性質を知り抜いている、旧友は ありがたい たらーっ(汗)
ShinやYっちから「強がり」取ったら、空っぽになっちゃうもんね(^_^;)

数十分後、Yっちからメール。
「人生、楽しまなくちゃ黒ハート黒ハート黒ハート」って沢山ハートが付いていたぁ〜(笑)
そうよね exclamation×2 残りの人生 笑って過ごしたいから、心豊かに過ごしたいから、全部 蹴散らしたんだったね るんるん

Yっち、沢山心配かけて ごめんね。嘘つきで ごめんね。
ちょっとだけ、先送りしてただけよ。
Yっちの言う通り。最初から知ってるもん。
けれど、無理もしない。自然に自然に ダッシュ(走り出すさま)
Shinは 凛と 立てるよ。
明日は ボルティが二台 並ぶといいな!(o^v^o) 




posted by shin at 13:37| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆半身Aerdanngie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

PO−二十歳への旅

昨日、羽幌・吉里吉里へ、一緒に行って下さった、ぐっちょん。 初めてのデートです exclamation&question あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)

P7180003.JPG
朝8:00に白石区・不○家駐車場にて待ち合わせ。
ここの駐車場の道路向えは24時間営業のガソリンスタンドなので便利!
なんて事ない、昨年、青影さんと凪さんと吉里吉里へ行った時に教えて頂いて、同じパターンを取っただけの事だけど…わーい(嬉しい顔)

そして、本日22222.2キロ走行を迎え、成人となったポーちゃん
10000キロくらいの中古で購入したPO−だから、前のオーナーより長い付き合いになれたのね
Shinの体格と技量にジャストフィットのバイクと思う。
時々「もう少しカッコ良いスタイルのバイクが欲しい」とか、「もう少し速く走れるバイクが欲しい」とか…色々、思ってしまう時もあるけど。。。がく〜(落胆した顔)
PO− ごめんちっ(怒った顔) 大事にします。今日まで ありがと キスマーク
どうかこれからもShinを守りながら、お付き合い下さい。

P7190004.JPG

20歳を迎えたのは、厚田・夕日の丘の 少し手前の カーブ続きの場所。
計器とにらめっこ、苦手なカーブを一つ一つクリアしながら、「あ〜〜〜もしカーブの途中・ド真ん中で22222.2を指したら、どーしたらイイんだぁ?」と思案。
自信を持って 非常識な感覚自覚が有るShinには がく〜(落胆した顔) 正しい判断が分からない(爆)
「きっと、諦めるのが正しいのかなぁ???」と考えているうちに、カーブとカーブの境目の 微妙な場所で 20歳を迎えた。
やっぱりPO−はShinの味方 わーい(嬉しい顔)


留萌のセイコマートにて休憩&トイレタイム
「PO-MAさんが当麻でコケて飛ばされたのは右カーブですか?」と、ぐっちょんが聞く!
後ろから見ていて、右カーブの度に変な体勢で逃げるらしい…
そんなアドバイスの最中に気付いた ぐっちょんの奥様からの着信形跡と、弟さんからのメール…
大変だ!
「お子さんが遊具から落ちて、救急車で運ばれた」との事。
(今現在は無事確認。脳振とうを起こした との結果でした。良かった〜)
勿論、すぐに帰還だけど、私を引連れて走れば 足手まとい!一人でぶっ飛んで帰って頂きましたよぉ〜 ダッシュ(走り出すさま)

P7190007.JPG

さてさて、羽幌までは、もう少し。だけど、ここからは一人旅 ふらふら
でも一人で吉里吉里で写真撮ってもらっても寂しいなぁ…
写真撮りは誰かと一緒の方が、後から見た時 楽しいじゃん!
てな訳で、Shinも帰途方向へ向けて走る事にした。せっかくだから、来た道と違う道で帰らなきゃ!とりあえず233号に入り275号に向かおう ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
いつも人の後をついて行ってるだけで、何処に向かって、何処を走っているのかも解らず目的地に自然に到着。
自分で地図を見て、自分で決めて走ると、ちゃんと道が記憶に残る!
ひらめき ボケ防止にはムチャ最適だぁ〜 ひらめき
これからは例へDOU!ツーであっても、自分自身でも地図をみよう!と、心に決めたShinであった どんっ(衝撃)

北竜 道の駅で「ひまわりワイン」を購入。
心細くなって来たShinにとって「今日は、裏参道秘密基地に帰って これを飲む!」の目標は励ましになった 黒ハート

P7190009.JPG

さて…この後…本当は滝川から451号に入って山道を進み月形に出たい…
でも、でも、今一 勇気不足でしたぁ ー(長音記号1)
真っ直ぐ275号を行けば、すぐに馴染み深い「つるぬま」の道の駅が、すぐそこ むかっ(怒り)
DUO!ツーで しょっちゅう使う場所。つるぬまの道の駅に着いた途端 札幌圏に入った様な安堵感を選択してしまった 根性無しです(笑)

P7190012.JPG

月形町には 大好きな 踏み切りと林の有る風景が 沢山あった わーい(嬉しい顔)
懐かしい感じがする 癒しの風景を沢山堪能 黒ハート
Shinはやっぱり 海岸線より 田園の中や 背の高い木々のある風景が 好きだな。
海岸線を走ると いつも 厳しい風景に感じるし 寂しくなる もうやだ〜(悲しい顔)

疑問その一

P7190014.JPG

丘珠に向かう飛行機が創った 飛行機雲。いつまでも雲のまま(当たり前?(笑))なんかみとれてしまったぁ〜
飛行機雲って、なんで雲になるんだったっけ?
どうしても写真に収めたくて急ブレーキで停止。後ろのトラックに警笛鳴らされてしまいました ふらふら ごねんなさいです。

相棒のPO−が成人なんだから、私のバイクライフも 成人に向けて 少し成長しなくては exclamation×2 と 心に誓う 旅でした。



posted by shin at 17:10| ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ☆2006ツーリング記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

ありがとう

いよいよ青影さんのお見送り。。。もうやだ〜(悲しい顔)

P7160001.JPG

ホントにホントにありがとう。
36号線を 苫小牧に向かって 一人で走りながら 思った。
昨年から 思ってもみない様な知らない道を 沢山走らせてもらいながら…
結局 一人では、こんな風に、当たり前の道を 進むしか出来ないのよね… ちっ(怒った顔)
教えがいの無い仲間で すんません がく〜(落胆した顔)
この次 お会いする時には もう少し成長してる様 頑張ります わーい(嬉しい顔)

P7160002.JPG

私はここ、レンジャー商店で お別れします。
室蘭までも行けるけど…
帰り道は 日付変更線超え後。
レブラーはタンデムだし、真夜中のPO-MAペースの帰途走行は、誰もが避けたいはずだ〜(きっと3桁のスピードダウン?笑)

青影さん、又、会いましょう ダッシュ(走り出すさま) ダッシュ(走り出すさま) ダッシュ(走り出すさま)


朝4時まで
posted by shin at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | ★ライダーもどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

今夜の決意

昨夜は、同業他社の方からの一本の電話で、マタマタお出かけ…
追いかけられてる様々な雑務を「少しでも片付ける夜にしよう」と思い、PCに向かった筈なのに…
息子の食事の支度すら、まだしていなかったのに…
15分後には近所の「ツボ○」で焼酎ロッカーになってた(^_^;)
ホント 甘い誘惑に弱いかも…( ̄ε ̄;)

でも、3年ぶりの再会だったし、
楽しかったし、
気持ち好く酔えたし、
まぁ、いっかーーーわーい(嬉しい顔)

今夜こそ!雑務処理!!!
posted by shin at 07:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 未選択 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする